ケンチャナヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケンチャナヨ
各種表記
ハングル 괜찮아요
漢字 -
2000年式 gwaen chanha yo
テンプレートを表示

ケンチャナヨ: 괜찮아요)は、朝鮮語の言葉であり「大丈夫」という意味[1]。実際の発音上は「クェンチャナヨ」に近い。

概要[編集]

心配する相手に「心配しなくても大丈夫ですよ」と伝える際に使用される[1]。謝罪する相手に「気にしないでください」と伝えたり、提案に対して「結構です」と応じる時にも用いられる[1]

日本では主にインターネットスラングとして「(建設や工業製品における)手抜き・適当」という意味で使用されることがあり、韓国では昔より手抜き工事の突貫工事による死亡事故が相次いで多発しており、「ケンチャナヨ工法」という韓国の国民性を表した造語がある[1][2]。「ケンチャナヨ」とは「大丈夫」という意味であり、欠陥やミスがあったとしても「ケンチャナヨ」の一言で無視をし、工事を進めることを「ケンチャナヨ工法」という[2]。ケンチャナヨ工法の工事による完成後に致命的な事故を招くことが頻繁に発生している[2]。更に「パリパリ」という造語もあり、「パリパリ」とは「早く早く」という意味であり、せっかちで性急な韓国の国民性を表した言葉であり、安全性よりもスピードを重視する傾向がある[2]。この「ケンチャナヨ」と「パリパリ」が組み合わさった時、重大な事故に繋がる手抜きが発生するとされており、また工事経費を抑えるために部品数を減らし、設計図通りに建設を行わないことが多くあり、その結果、建物が崩壊する事故が頻繁に発生している[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]