グローバル HR フォーラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グローバル HR フォーラム(Global HR Forum)は毎年11月ソウルで開催される国際的な大規模のフォーラムである。

グローバル化の拡張により 人的資源のグローバル競争力が核心的な問題になっている現実に対応、教育科学技術部, 韓国経済新聞, 韓国職業能力開発院3機関の共催に2006年創設した。グローバル HR フォーラムは“人材が未来だ!”(Global Talent, Global Prosperity!)という スローガン下で各国の 政府, 企業, 学界の有名なが集まって創造的人材養成に対して議論する。総会,分科会の,特別講演,深層討議,専門家会議などの形式で構成される。

前回フォーラム[編集]

  • 第 1回 グローバル HR フォーラム 2006 (Global HR Forum 2006)
    • 日 時: 2006年 11月 8日 ~ 11月 10日
    • 参加規模: 14国 3,000名
    • フォーラム主題: Global Talent, Global Prosperity!(人材が未来だ!)
    • フォーラム構成: 2トラック,  13セッション
    • 主要講師:  ビル・ゲイツ, マイクロソフト社 会長                                                     

            ポール・ウォルフォウィッツ, 世界銀行 総裁  

            ベルテル・ホーダー, デンマーク 教育部長官

  • 第 2回 グローバル HR フォーラム 2007 (Global HR Forum 2007)
    • 日 時: 2007年 10月 23日 〜 10月 25日
    • 参加規模: 35国 4, 000名
    • フォーラム主題: HR Solutions for the Next Generation(次世代人材戦略)
    • フォーラム構成: 4トラック, 23セッション
    • 主要講師: バン・ギムン, UN事務総長

            ビル・クリントン, 前 アメリカ大統領

            アリアス・サンチェス, コスタリカ 大統領

  • 第 3回 グローバル HR フォーラム (Global HR Forum 2008)
    • 日 時: 2008年 11月 4日 ~ 11月 6日
    • 参加規模: 43国 5.000名
    • フォーラム主題: Creative Talents for Global Collaboration (創造的人材とグローバル協力)
    • フォーラム構成: 5トラック, 30セッション
    • 主要講師: ジャック・ウェルチ, 前 ゼネラル・エレクトリック会長

            クレイグ・バーレット, インテル 理事会 議長

            マーチン・フェルドスタイン, NBER 前会長

            寺島 実路, 日本総合研究所 会長

関連サイト[編集]