グレープフルーツスプーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレープフルーツスプーン

グレープフルーツスプーン(Grapefruit spoon)は、ティースプーンに似た形状で、より細長く、グレープフルーツの果肉を皮から剥がすために先端部が鋸葉状になったスプーンである[1][2]。オレンジスプーンとも呼ばれ、他の柑橘類キウイフルーツメロン等を食べる時にも用いられる。

先端部が平らで側面が鋸葉状になっているものでは、先端部をナイフのように使って果物を切ることができる。

出典[編集]

  1. ^ Anderson, Hannah Arndt (2013). Breakfast: A History. Rowman & Littlefield. p. 106. 
  2. ^ Stewart, Marjabelle Young (1997). The New Etiquette: Real Manners for Real People in Real Situations. St. Martins. p. 388.