グランド・ハーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯35度53分42秒 東経14度31分14秒 / 北緯35.89500度 東経14.52056度 / 35.89500; 14.52056

アッパー・バラッカ・ガーデンから眺めたグランド・ハーバー
バレッタの上空からの見取り図
島側からグランド・ハーバーを見下ろした写真

グランド・ハーバー英語:Grand Harbourマルタ語: Il-Port il-Kbir、またはバレッタ港。英語:Port of Valletta[1])は、マルタ島の天然港で、マルタ共和国の首都・城塞都市バレッタの主要な湾である。バレッタには他にマルサイムシェット・ハーバーがある。

少なくともフェニキアの時代から港として使用されている。天然港は長年に渡って拡張され、ドック埠頭要塞などの施設が建てられた。イギリス統治時代からは、グランド・ハーバーと呼ばれている。

概要[編集]

港の出口は北東の方角に開き、聖エルモ・ポイントが北の境界となっている。さらに隔てられた防波堤で守られ、リカソリ・ポイントが南の境界となっている。北西海岸はシベラス半島で、首都バレッタとその郊外フロリアナが占めている。この半島も第二の平行した天然港マルサイムシェット・ハーバーからグランド・ハーバーを分けている。グランド・ハーバーの主要水路は内陸のマルサへと続く。港の南東海岸は多くの入り江や岬がある。小さなリネラ湾、カルカラ湾、ドックヤード湾、フレンチ湾、そして小さな町カルカラ、スリー・シティーズ(コスピクアビルグセングレアの3都市の総称)が占めている。

マルサイムシェット・ハーバーとともにグランド・ハーバーは、ゆるやかに隆起する土地の中心にある。発展は2つの港一帯を成長させ、丘陵を上がる鉢型のくぼみ全体が効果的に一種のコナベーションとなっている。マルタ人口の大半がフロリアナの半径3km以内で暮らしている。ここは現在ヨーロッパ有数の人口過密地帯となっている。

ギャラリー[編集]

歴史[編集]

グランド・ハーバーは268年間聖ヨハネ騎士団マルタ騎士団)の基地であった。騎士団が島を追われた後、イギリス帝国がさらに170年間軍事基地とした。1550年代終わりに、竜巻によって600人の死者とアルマダ船舶に被害が出た。港一帯は、オスマン帝国が聖ヨハネ騎士団を追い出そうとした1565年のマルタ大包囲戦の主戦場であった。

1798年6月に聖ヨハネ騎士団がナポレオンに降伏しフランスの占領下におかれたが、1800年9月に港湾区域がマルタの反政府勢力と海上の英国海軍によって封鎖されフランスは降伏した。その後、イギリスの保護国から植民地になった。

第二次世界大戦中の1940年に起きたマルタ包囲戦では、一帯全部が情け容赦ない爆撃を受けた。港湾周囲のドック、軍事装備が枢軸国側の爆撃機の正当な標的だった。しかし、巻き添え被害によってバレッタと周囲の町の大半が破壊され、多くの民間人犠牲者を出した。

港とドックは現在も活用されているが、イギリス軍がマルタから出て行ったことで、その軍事的意義を失った。マルタ貿易海運の相当な部分は、現在カラフラーナにある新たなマルタ自由港が担っており、20世紀前半に比べるとグランド・ハーバーはとて落ち着いた雰囲気となっている。

見所[編集]

グランド・ハーバー(Grote Haven)、1565年マルタ包囲戦のオランダ語資料から
首都バレッタのある半島の先端にある星形要塞。1565年、オスマン軍による1か月間にわたる猛攻を耐え抜き、これを撃退した[2]。マルサイムシェット・ハーバー側の対岸にはティグネ砦(en:Fort Tigné)、グレートハーバー側の対岸にはリカソリ砦がある。
ワールド・モニュメント財団が、2008年版の最も危機に瀕しているワールド・モニュメント・ウォッチ・リスト100選に取り上げ、修復が開始され2015年に完了した[3]。現在は軍事博物館。
湾の入り口にある要塞である。グレートハーバーを挟んだ対岸に聖エルモ砦がある。1670年から1698年に聖ヨハネ騎士団によって建造された。
湾の中央にある要塞である。この要塞は、元は13世紀ごろに建てられたCastrum Maris、またはCastello al Mareと呼ばれていた城で、1530年代-1690年代に聖ヨハネ騎士団が堡塁化再建築し、1565年でのマルタ大包囲戦でも騎士団の本部としての役割を果たした。イギリス統治下では、ストーンフリゲート英語版に分類され、HMS Egmont、後にHMS St Angeloに改名された。第二次世界大戦中にかなりの被害を受けたが、修繕された。1998年に上部がマルタ騎士団に引き渡された。1998年以降、「マルタ島海岸周辺の騎士団砦群」の一部として、ユネスコ世界遺産の暫定リストに登録されている[4]
20世紀に一部が撤去されたが、基部は残っている。現在は、時計塔と学校が建っている。
カルカラにある元RNH Bighi(英国海軍病院ビギ)。2010年以降、Heritage Maltaの本部が置かれ、マルタ島の文化遺産、博物館などを管理する国家機関施設となっている[5]
第二次世界大戦期に、イギリス軍が司令部として使用していた。後にNATOが使用していたが、現在は博物館となっている。

出典[編集]

  1. ^ Port of Valletta”. Transport Malta. 2014年11月5日閲覧。
  2. ^ 聖エルモ砦(コトバンク)
  3. ^ “Fort comes back to life”. Times of Malta. (2015年5月9日). http://www.timesofmalta.com/articles/view/20150509/local/fort-comes-back-to-life.567401 2015年5月9日閲覧。 
  4. ^ Knights' Fortifications around the Harbours of Malta”. 2015年7月15日閲覧。
  5. ^ Contact Us”. Heritage Malta. 2016年7月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]