グスタフ (ウップランド公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グスタフ
Prins Gustaf
Hertig av Uppland
Gustav of Sweden & Norway (1827) c 1850 by Friedrich Dürck.jpg

続柄 オスカル1世第二王子
称号 ウップランド公爵
全名 Frans Gustaf Oscar
フラン・グスタフ・オスカル
身位 Prins(王子)
敬称 英語の場合His Royal Highness(殿下)
出生 1827年6月18日
スウェーデンの旗 スウェーデン
ストックホルムハガ宮殿
死去 (1852-09-24) 1852年9月24日(25歳没)
スウェーデン=ノルウェーの旗 スウェーデン=ノルウェー
ノルウェーの旗 ノルウェークリスチャニア
父親 オスカル1世
母親 ユセフィナ・アヴ・レウクテンベリ
テンプレートを表示

ウップランド公爵グスタフ王子(スウェーデン語: Prins Gustaf, 全名:Frans Gustaf Oscar, 1827年6月18日1852年9月24日)は、スウェーデン王族。国王カール15世の弟、オスカル2世の兄にあたる。

人物[編集]

オスカル1世とその王妃ユセフィナ・アヴ・レウクテンベリの次男として生まれる。

作曲家として活動していたグスタフの作品は今日でも有名であり、中でも“Studentsången”は、スウェーデン国内のギムナジウムにおける卒業式の定番曲となっているほか、男声合唱による“Vårsång”も、「ヴァルプルギスの夜」でしばしば歌われている。

また、1846年2月11日には兄のスコーネ公カール(のちのカール15世)とともに、スウェーデン王立科学アカデミーの名誉会員に序せられた。

1852年9月24日、腸チフスにより死去した。

脚注[編集]