クールマイ戦闘団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クールマイ戦闘団
Bundesarchiv Bild 101I-727-0297-09A, Russland, Erich Rudorffer, Ju 87.jpg
Ju-87を整備するクールマイ戦闘団
活動期間 1944年6月16日~8月14日
所属政体 ナチス・ドイツの旗ドイツ
所属組織 バルカン十字 ドイツ国防軍
兵科 空軍
主な戦歴 タリ=イハンタラの戦い
テンプレートを表示

クールマイ戦闘団フィンランド語:Lento-osasto Kuhlmey ドイツ語:Gefechtsverband Kuhlmey)は第二次ソ芬戦争(継続戦争)におけるドイツからフィンランドへの援軍の一団である。

隊長はクルト・クールマイ

クールメイ戦隊と表記されることもある。

概要[編集]

フィンランドには1944年6月16日に到着した。6月末からの労農赤軍によるカレリア攻勢において、フィンランド軍元帥カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイムの要請を受けて戦争に加わった。

Fw-190Ju-87を中心とする約70機の部隊であり、延べ2700回の出撃を行い、約700tの爆弾を投下した。特にタリ=イハンタラの戦いにおいてはフィンランドの限定的勝利に大きく貢献した。

ソ連によるカレリアへの組織的な大攻勢は7月13日を以って下火になり、クールマイ戦闘団は8月14日にはエストニア方面へ撤収し解散したが、クールマイらはその後ドイツ軍に復帰し、終戦まで戦い抜いている。

主な装備[編集]

  • Fw-190A-6
  • Fw-190F-3
  • Ju-87D-5
  • Bf-109G-8

戦果[編集]

損害[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]