クロロギ酸エステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロロギ酸エステルの一般構造

クロロギ酸エステル (chloroformate) は、有機合成化学でよく用いられる化合物群で、クロロギ酸エステルである。例えば、クロロギ酸ベンジルベンジルオキシカルボニル基(Cbz基、Z基)、塩化フルオレニルメチルオキシカルボニルフルオレニルメチルオキシカルボニル基(Fmoc基)を保護基として、アミノ基などを保護する場合に使われる。

反応[編集]

クロロギ酸エステルは他のカルボン酸塩化物と同じように次のような反応を起こす。