クロティルド・クロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロティルド・ディ・サヴォイア
Clotilde di Savoie
ヴェネツィア=ピエモンテ公妃
MJK30913 Clotilde Courau (Berlinale 2017).jpg
全名 Clotilde Marie Pascale Courau
出生 (1969-04-03) 1969年4月3日(49歳)
フランスの旗 フランス
オー=ド=セーヌ県ルヴァロワ=ペレ
配偶者 エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイア (2003- )
子女 ヴィットーリア・ディ・サヴォイア公女
ルイーザ・ディ・サヴォイア公女
父親 Jean-Claude Courau
母親 Catherine du Pontavice des Renardières
テンプレートを表示
クロティルド・クロー
Clotilde Courau
生年月日 (1969-04-03) 1969年4月3日(49歳)
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1990年 - 現在
主な作品
『エリザ』
『フレッド』
『パリ、恋人たちの影』

クロティルド・ディ・サヴォイア(Clotilde, Principessa di Savoia, 1969年4月3日 - )は、クロティルド・クロー(Clotilde Courau)の名で知られるフランス出身の女優。ヴェネツィア=ピエモンテ公妃。旧イタリア王族サヴォイア家 エマヌエーレ・フィリベルトの妻。

略歴[編集]

フランスオー=ド=セーヌ県生まれ。1990年に映画デビュー。

これまで「ヨーロッパ映画賞 女優賞」(1991年)、フランス「シュザンヌ・ビアンケッティ賞」(1995年)、ベルリン国際映画祭シューティング・スター賞」(1998年)、フランス「ロミー・シュナイダー賞」(2000年) などを受賞している。

2003年9月25日、旧イタリア王族サヴォイア家の長男、エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイアと結婚[1]。ヴィットーリア (2003年- ) とルイーザ (2006年- ) の2女を儲けた。

その後も女優業は継続し、映画・TVドラマ双方に出演している。

出演作品[編集]

映画[編集]

ほか多数

TVドラマ[編集]

  • Civilisations (1988)
  • ピストルと少年 The Little Gangster (1995)
  • Une leçon particulière (1997)
  • Bob le magnifique (1998)
  • 麗しき日々 Les beaux jours (2003)
  • Nuit noire, 17 octobre 1961 (2005)
  • 椿姫 The Lady of the Camellias (2005)
  • Mafalda di Savoia (2006)
  • Chez Maupassant (2008)
  • Words of Love (2009)
  • La Source (2013)
  • Le Viol (2017)
ほか多数

脚注[編集]

  1. ^ モナコ公挙式 華麗な招待客ファッション 写真特集”. 時事通信. 2018年2月14日閲覧。
  2. ^ エディット・ピアフ~愛の讃歌~”. ナタリー (2017年1月2日). 2018年2月14日閲覧。
  3. ^ フィリップ・ガレル新作の予告編が公開、同時開催の特集で「内なる傷痕」など上映”. シネマトゥデイ (2007年9月29日). 2018年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]