クロストリジウム目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クロストリジウム目
Clostridium perfringens.jpg
分類
ドメ
イン
: 細菌 Bacteria
: フィルミクテス門 Firmicutes
: クロストリジウム綱 Clostridia
: クロストリジウム目 Clostridiales
学名
Clostridiales
Prévot 1953

クロストリジウム目(Clostridiales)とは、クロストリジウム綱に属する偏性嫌気性グラム陽性菌の目である。クロストリジウム目細菌群は、主要な腸内細菌群の一種となっている。クロストリジウム目細菌群が腸管内で産生する酪酸が、制御性T細胞の分化誘導を担う免疫修飾因子となっている[1][2]

出典[編集]

  1. ^ 福田 真嗣、「もう一つの臓器—腸内細菌叢の機能に迫る」、『化学と生物』2014年 52 巻 9 号 565-567 DOI https://doi.org/10.1271/kagakutoseibutsu.52.565
  2. ^ 早川 盛禎、「制御性T細胞の発生を制御する腸内細菌代謝産物」、『ファルマシア』2014年 50 巻 8 号 815 DOI https://doi.org/10.14894/faruawpsj.50.8_815