クレステン・ダルスゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クレステン・ダルスゴー

クレステン・ダルスゴー(Christen Dalsgaard、1824年10月30日 - 1907年2月11日)は19世紀後半のデンマークの画家である。

略歴[編集]

ユトランド半島のスキーヴェ(Skive)の邸宅、クラベスホルム(Krabbesholm)に生まれた。早くから美術の才能を示し、リムフィヨルドに面した美しいスキーヴェの風景は、彼の作品に影響を与えた。工芸学校を卒業した後、1841年にデンマーク美術院に入学し、1847年に卒業した後も、クリストファー・エカスベア(Christoffer Wilhelm Eckersberg)に師事し、風景画家のマーティヌス・ラービュー(Martinus Rørbye)の個人教授を受けた。

1844年に、「ナショナル・ロマンティシズム」(national romanticism)を推進した、美術史家、批評家のホイエン(Niels Lauritz Høyen)に影響を受けて、民衆の姿を描くようになった。ホイエンの思想の最も忠実な実践者として、デンマークの伝統的な風習や民族衣装、職業の人々の姿を描き、同時代の画家の多くが海外に旅したのに対して、外国で修行することはなかった。

1847年に、シャルロッテンボー宮殿の展覧会に初めて出展し、その後も出展を続けた。1856年に修道士が訪れた場面を描いた、"Mormoner på besøg hos en tømrer på landet"を製作した。その他にリムフィヨルドを描いた風景画や、婦人像でしられている。ダルスゴーの作品はコペンハーゲン国立美術館や、スキーヴェ美術館に展示されている。

1857年に結婚して、デンマーク首都地域のフレズレクスボー市(Frederiksberg)に住んだ。彼の屋敷にはハンセン(Constantin Hansen)、マーストラン(Wilhelm Marstrand)、スコウゴール(Peter Christian Skovgaard)、キューン(Vilhelm Kyhn)ら多くの画家が集まった。

1862年から1892年の間、にソーレの美術学校で教えた。1878年のパリ万国博覧会の展覧会に出展した。1859年と1861年にデンマーク王立美術院の賞、De Neuhausenske Præmierを受賞し、1879年にダンネブロ勲章(3等級)、1904年にダンネブロ勲章(2等級)を受勲した。

作品[編集]

参考文献[編集]