クルシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クルシュ (トルコ語: kuruşオスマントルコ語: قروشgurûş 他) は、オスマン帝国で使われていた通貨の1つ。現在は、いくつかの旧オスマン諸国で補助通貨として使われている。

トルコ語本来の発音はクルシュだが、トルコ国外ではクルーシュクルス (kurus) などとも。

アラブ語ではクルシュ (qurush, قروش) だがこれは複数形で、単数形はキルシュ (qirsh, قرش) である。ただし、カナ表記・ラテン表記には、ギルシュグルシュ (sg: girshpl: gurush) など多くの異なる表記がある(アラブ語では単複の違い以外は同一表記)。

オスマン帝国のクルシュ[編集]

1688年銀貨として鋳造された。価値は、エキュまたはスペインドルとほぼ等しかった。

1844年からは、リラが正規の通貨となり、クルシュはその補助通貨となった。

各国のクルシュ[編集]

トルコの旗 トルコ
1リラ = 100クルシュ。新トルコ・リラ時代は正確には「新クルシュ (yeni kuruş)」と呼ばれた。
ヨルダンの旗 ヨルダン
1ディナール = 10ディルハム = 100クルシュ(ピアストル) = 1000フィルス。
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
1リヤル = 20クルシュ = 100ハララー。
 エジプト
1ポンド = 100エルシュ(ピアストル) = 1000マッリーム。エルシュ (ersh) とはキルシュのエジプト風発音である。
スーダンの旗 スーダン
1ポンド = 100クルシュ。