クルカ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クルカ川
Krka Skradinski buk Croatia.jpg
水系 クルカ川
延長 73 km
平均流量 50 /s
流域面積 2088 km²
水源 ディナル・アルプス
河口・合流先 アドリア海
流域 クロアチアの旗 クロアチアダルマチア地方
テンプレートを表示

クルカ川クロアチア語: Krka)は、クロアチアダルマチア地方を流れる河川である。総延長は73キロメートルであり、スクラディンスキ・ブク (Skradinski buk) と呼ばれる多数の滝で知られる。

川の源泉はクロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナの国境の近く、ディナル・アルプス山脈のふもとにある。川はダルマチア内陸部(ダルマティンスカ・ザゴラ)地方のクニンを通って南下し、スクラディン (Skradin) 付近でアドリア海に出る。川沿いにローマ・カトリック教会ヴィソヴァツ修道院 (Visovac Monastery) とセルビア正教会クルカ修道院 (Monastery Krka) がある。

途中にはスクラディンスキ・ブク (Skradinski buk) と呼ばれる有名な多数の滝があり、クルカ国立公園の一角をなしている。スクラデンスキ・ブクにはクロアチアで初の水力発電所が設けられた。この水力発電所は、近接するシベニク1895年8月28日から電力を供給し始め、シベニクは世界で初めて水力による電力供給を受ける町となった(ナイアガラ滝近くのアダムス電力発電所はこれより3日早い8月25日に操業開始したが、バッファローまでの送電線路は1年以上後の1986年11月16日までなかった)。

支流[編集]

関連項目[編集]