クリストフ・ヴィルヘルム・フーフェラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クリストフ・ヴィルヘルム・フーフェラント
Christoph Wilhelm Hufeland.jpg
生誕 Christoph Wilhelm Hufeland
1762年8月12日
ゴータ
死没 1836年8月25日
ベルリン
国籍 ドイツ
研究分野 微生物学
研究機関 ベルリン大学
出身校 フリードリヒ・シラー大学イェーナ
プロジェクト:人物伝

クリストフ・ヴィルヘルム・フーフェラント(Christoph Wilhelm Hufeland、1762年8月12日 - 1836年8月25日)は、ドイツの医師。そのドイツ語の著書『医学全書』(Vollständige Darstellung der medicinischen Kräfte)は、緒方洪庵オランダ語訳から重訳する形で日本語に抄訳した『扶氏経験遺訓』として出版され、幕末日本医学に大きな影響を与えた[1]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]