クラシコ・デル・アスティジェーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラシコ・デル・アスティジェーロ
クラシコ・エクアトリアーノ
都市、地域 エクアドルの旗 グアヤキル
初開催 1943年8月22日
チーム バルセロナ
エメレク
最多勝利 バルセロナ (59勝)
最多出場選手 ホセ・フランシスコ・セバージョス (52試合)

クラシコ・デル・アスティジェーロスペイン語: Clásico del Astillero、造船所ダービー)またはクラシコ・エクアトリアーノスペイン語: El Clásico Ecuatoriano、エクアドル・クラシコ)は[1][2]エクアドルグアヤキルに本拠地を置くサッカークラブ、バルセロナSCCSエメレクの間で行われるローカル・ダービーのことである。エクアドルで最も歴史があり最も重要なダービーである。パルティード・インモルタル・デル・フットボル・エクアトリアーノスペイン語: El partido inmortal del fútbol Ecuatoriano、不朽の試合)と呼ばれることもある[3]

起源と背景[編集]

バルセロナとエメレクは古くからのライバルである。1943年8月22日、グアヤキル選手権の試合で初のダービーが行われ、ロスタイムにペドロ・ビジャルタが決勝点を挙げたバルセロナがエメレクを4-3で下した。エメレクのフォワード陣のシュートが何度も何度もポストを叩いたため、この試合はポストのダービー(The Derby of the Posts)として記憶されている。1948年、この対戦に対してエル・ウニベルソ紙がクラシコ・デル・アスティジェーロ(造船所ダービー)という名称を付けた。グアヤキルはエクアドル最大の港湾都市であり、特に造船業で知られている。1990年はダービーの歴史において特別な年であり、バルセロナはコパ・リベルタドーレス準々決勝でエメレクを下して準決勝に駒を進めた。バルセロナは1997年から、エメレクは2002年からトロフィーを掲げていないが、エクアドルで最も重要な対戦のひとつであることに変わりはなく、国際サッカー連盟(FIFA)によって世界で最も白熱するダービーのひとつだと認識されている[4][5]

出来事[編集]

2006年のスタジアム破壊[編集]

2006年4月30日、エメレクのホームスタジアムであるエスタディオ・ジョージ・カプウェルでその年2度目のダービーが行われた。前半を終えてエメレクが3-0とリードしていたが、後半が始まってから、サン・マルティンスタンドに陣取っていたバルセロナの「スル・オスクーラ」(邪悪な南部)[6]が暴動を起こした。手始めに彼らは物をピッチに投げ入れ、そのうちのひとつが当たった副審が負傷。次に彼らは広告看板を壊し、さらには、ラジオ放送ブースに侵入してラジオ局の所有物を略奪し、前代未聞の醜態を晒した。スル・オスクーラが陣取る座席近くに座っていた一般の観客は、観衆の騒乱を避けるためにピッチに逃げ込むと、40人が負傷して9人の逮捕者が出た[7]。試合は中断され、翌日に無観客の状態で再開するよう命じられた。翌日に再開された試合ではバルセロナが2点を追加したが、エメレクが3-2で逃げ切った。バルセロナがエメレクと対戦する際、スル・オスクーラは常に「El Capwell lo destrocé, lo destrocé, lo destrocé」(カプウェルは俺が破壊した、俺が破壊した、俺が破壊した)というチャントを歌う。

2007年の少年の死[編集]

2007年9月16日にエスタディオ・モヌメンタル・イシドロ・ロメロ・カルボで行われたダービーの試合開始20分前、家族とともに観戦に来ていたエメレクサポーターの11歳の少年に発煙筒が直撃。「スル・オスクーラ」が陣取る南側スタンドから投げ込まれたものだった。発煙筒は少年の胸部を直撃し、肺や心臓を損傷して死去した[8]。試合はそのまま開始されてエメレクのホルヘ・ラディネスが先制点を挙げたが、エメレクが1-0でリードしていた前半10分に中断延期された。

メディア[編集]

このダービーはエクアドル国内だけでなく国外のサッカーファンをも夢中にさせている。これに目を付けた映画製作会社のフィルマドーラ・パンアメリカーナは、1973年に「エル・デレーチョ・デ・ロス・ポブレス」というタイトルの映画を製作し、スペイン人俳優のエンリケ・ランバル、メキシコ人俳優のエンリケ・ロチャ、歴代最高のエクアドル人サッカー選手とみなされているアルベルト・スペンセル(この映画がデビュー作となった)などが出演した[9]

ギャラリー[編集]

統計[編集]

2012年6月12日時点
  • 公式戦試合数 : 245試合[10]
カンペオナート・ナシオナル : 189試合
グアヤキル選手権 : 45試合
コパ・リベルタドーレス : 11試合
総試合数 バルセロナ
勝利
引き分け エメレク
勝利
バルセロナ
得点
エメレク
得点
245試合 85試合 86試合 74試合 281点 274点

脚注[編集]

  1. ^ Especial Clásico Ecuatoriano: La historia del 'Clásico del Astillero', el encuentro más popular del país”. Goal (2011年). 2011年11月20日閲覧。
  2. ^ Pendientes del Clásico ecuatoriano”. FIFA (2011年). 2011年11月20日閲覧。
  3. ^ [1]
  4. ^ “El Clásico del Astillero”. FIFA. (2010年1月29日). http://www.fifa.com/classicfootball/stories/classicderby/news/newsid=1032716.html#ecuadors+shipyard+derby 2010年1月29日閲覧。 
  5. ^ “FIFA List of Recognized Derbys of the World”. FIFA. (2010年1月29日). http://www.fifa.com/classicfootball/stories/classicderby/archive/index.html 2010年1月29日閲覧。 
  6. ^ バーラ・ブラーバと呼ばれるサポーター組織
  7. ^ Vandalismo opaca Clásico que Emelec ganaba 3-0 Diario El Universo、2006年5月1日
  8. ^ Diario El Universo: Una bengala mató a niño en el Clásico
  9. ^ El derecho de los pobres IMDB
  10. ^ カンペオナート・ナシオナル、グアヤキル選手権、コパ・リベルタドーレスの合計(公式戦)に限る。これ以外に、親善試合やアマチュア時代の試合などでも対戦している。

外部リンク[編集]