クライミングチョック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クライミングチョック[1][2][3]は、ロッククライミングで使われる確保器具の登山用具の一つ。

代表的な製品として宇宙航空学技術者でクライマーでもあったL・ジャーダインが設計した「フレンド・カム・ロック」がある[1]。「カムディバイス[4]」、「カミングデヴァイス[3]」などとも称する。

概要[編集]

大きさは指より小さいものから、手の幅より大きいものまでがある。4枚[1]、もしくは3枚の可動式の扇形のカムがそれぞれ独自[1]スプリングで動いて広がる構造になっている。トリガーを引くとカムの幅が狭くなり、その状態での割れ目に差し込み、トリガーを戻すとそれぞれのカムは独自に動いて凹凸のある複雑な岩の割れ目に対応して密着し、クライマーの墜落を防ぐ支点にできる[1]。最近ではできるだけ岩を傷つけないよう、ハーケン等を打ち込まないクリーンクライミングが主流となっており、登った痕跡を岩に一切残さないため非常に優れた器具であり、ナチュラル・プロテクションと呼ばれている。

商品名としてはワイルドカントリーが「フレンズ[4]」、C.C.H.が「エイリアン[3]」、ブラックダイヤモンドが「キャメロット[3]Camalot [注釈 1]」を使っている。

注釈[編集]

  1. ^ 綴りに注意、キャメロットCamelot )とは別物である。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『山への挑戦』pp.139-168「登山用具は語る(登攀用具)」。
  2. ^ 『IBS石井スポーツ1998-1999MOUNTAINEERING AND OUTDOOR EQUIPMENT』pp.114-120「クライミングギア」。
  3. ^ a b c d 『IBS石井スポーツ2004-2005MOUNTAINEERING AND OUTDOOR EQUIPMENT』pp.99-104「クライミング」。
  4. ^ a b カタログ『モンベル2014クライミング』。

参考文献[編集]

  • 『IBS石井スポーツ2004-2005MOUNTAINEERING AND OUTDOOR EQUIPMENT』
  • 『IBS石井スポーツ1998-1999MOUNTAINEERING AND OUTDOOR EQUIPMENT』
  • モンベルカタログ『モンベル2014クライミング』
  • 堀田弘司『山への挑戦』岩波新書 ISBN 4-00-430126-2