ヴェスヴィウス (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴェスヴィウス
Vesuvius plc
種類 公開会社
市場情報
LSE CKSN
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
ロンドン
設立 1704年
業種 材料技術
代表者 ジョン・マクドナー(会長)
フランソワ・ワネック(CEO
売上高 13.220億ポンド(2015年)[1]
営業利益 1.240億ポンド(2015年)[1]
純利益 0.540億ポンド(2015年)[1]
外部リンク http://www.vesuvius.com/
テンプレートを表示

ヴェスヴィウス社 (Vesuvius plc) は、ロンドンに本社を置く大手セラミックス会社である。同社の製品は、製鉄・鋳造・ガラス・太陽エネルギーといった分野の企業に使用されている。ロンドン証券取引所に上場しており、FTSE250種総合株価指数の構成銘柄である。

歴史[編集]

ヴェスヴィウス本社(フリート・ストリート

1704年にアイザック・クックソン英語版によって、タインサイドの金属・ガラス企業の集合体として設立された[2]。1851年にはの製造に手を広げた。1924年、ロック・ランカスター社 (Lock Lancaster) 及びW. W. & R. ジョンソン & サンズ社 (W.W. & R. Johnson & Sons) と合併して「アソシエイテッド・レッド・マニュファクチャラーズ社 (Associated Lead Manufacturers)」となった。1930年、初めてロンドン証券取引所に上場した[3]。1966年、「レッド・インダストリーズ・グループ社 (Lead Industries Group) 」に改称し、1979年には非鉄金属製造業者のA. J. オスター社 (A. J. Oster Company) を買収した[2]。1982年に再びに改称してクックソン・グループ (Cookson Group) となり[3]、1987年にはセラミックス製造業者のヴェスヴィウス・クルーシブル社 (Vesuvius Crucible Company) を買収した[3]

ロバート・マルパス英語版卿は、1991年から1998年まで同グループの会長であり、1996年から1998年までユーロトンネル会社の共同会長を務めた.[4]

クックソン・グループは2005年、先端技術製品と新興市場に注力する道を選択した[3]。2008年、フォセコ(冶金産業や鉄鋼産業への供給元)を買収した[5]

2012年12月、社名をヴェスヴィウスに変更するとともに、機能性材料部門を分社して新会社アレント (Alent) を設立し、「クックソン」という社名の使用を終了した[6][7]

事業[編集]

同社の事業は、鉄鋼流量制御、鋳造技術、高度耐火物、貴金属加工の4部門からなる[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Annual Report 2015”. Vesuvius plc. 2016年4月16日閲覧。
  2. ^ a b Cookson America Profile
  3. ^ a b c d Cookson Group History
  4. ^ 'MALPAS, Sir Robert', in Who's Who 2012 (London: A. & C. Black, 2012)
  5. ^ Cookson Group Divisions
  6. ^ Vesuvius”. ADVFN. 2015年4月3日閲覧。
  7. ^ Super User. “Cookson becomes Vesuvius”. ceramrefractories.co.uk. 2015年4月3日閲覧。
  8. ^ Vesuvius - about us”. vesuvius.com. 2015年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]