ギヨーム・アモントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギヨーム・アモントンGuillaume Amontons, 1663年8月31日 - 1705年10月11日)は、フランス技術者物理学者湿度計気圧計温度計などを製作した。気体体積温度によって変化するのを利用した温度計を製作したが、まだ温度目盛が確立されていない時代であったため、シャルルの法則1787年)のような定量的な発見にはいたらなかった。

パリ生まれ。父親は弁護士であった。子供の頃に聴覚を失っている。大学には行かなかったが、天文力学、物理学、数学、絵画、建築などを学んだ。

また、彼の発表した摩擦力に関する法則はアモントンの法則と呼ばれる。