キワメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

キワメとは、2001年9月にテクノコーシン(現ラスター)が開発・販売したパチスロ機である。A-CType。4.1号機。

AT機全盛期で技術介入を駆使し一万枚がようやく突破できる時代に、突如「簡単に二万枚」というキャッチコピーを引っさげホールデビューした。30π機としてキワメ30がある。

スペック[編集]

集中[編集]

集中集中」という野太い声のBGMを伴い、15枚役やシングルボーナスなどをナビゲートしてくれるAT機能搭載。内部的にもシングルボーナスの確率がアップしており、ビッグボーナス成立かパンク抽選に当選で終了する。本機はストック機能(救済ストック/フラグ成立中はいつでも揃えることが出来る)があり、1個でもストックがあると集中の抽選を行わない他、レギュラーボーナス当選時は消化後に集中が再開する仕様ではあるが、ストックしたままプレイを続けた場合、パンク抽選やビッグボーナスに当選してしまうことがある。なお、15枚役は最初はナビされず、リプレイを1回取りこぼすと以後ボーナス成立か集中終了までナビされる。集中終了後は最低2回(2セット40G)のATが付加される。集中時のメダル増加スピードは業界最速で、フルウエイトプレイで1時間継続すれば軽く1万枚を超える獲得が見込める。

キワメチャンス[編集]

集中・ビッグボーナス後に発生する1セット20ゲームのATナビ。集中と違い、シングルボーナスは通常確率のため、増加スピードは若干劣る。

外部リンク[編集]