キルギス国家保安庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キルギス国家保安庁とは、キルギス共和国諜報機関秘密警察。キルギスにおける旧ソ連国家保安委員会 (KGB) の後継機関。諜報、防諜、犯罪捜査を担当する。総員約1千人。

歴史[編集]

キルギス独立後、キルギス・ソビエト社会主義共和国KGBは、国家保安省に改編された。

2001年1月、国家保安省は国家保安庁に改編され、内閣所属から大統領直属の機関となった。

2007年2月、国家保安委員会に改称されが、2009年11月、再び国家保安庁に戻された。

機構[編集]

各州には局(課)が、市・地区には課(班)が置かれている。また、軍事組織には、軍事防諜機関が設置されている。

特殊部隊[編集]

フェリックス・クロフにより、対テロ・センター「カルカン」(盾)が創設されたが、クロフの退任後、同センターは解散された。これにより、キルギスには対テロ訓練を受けた者が数人しか残らない事態が生じた。このため、「カルカン」は、戦闘作戦支隊として再建された。

その外、国家保安庁には、対テロ部隊「アルファ」も存在する。

歴代国家保安庁長官[編集]

関連項目[編集]