ガスパール・デュゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガスパール・デュゲ
Gaspard Dughet
Gaspard Dughet - Landscape with St Jerome and the Lion - WGA6842.jpg
デュゲ作『聖ヒエロニムスとライオンのいる風景』
生誕1615年6月4日
イタリア,ローマ
死没1675年5月25日
イタリア,ローマ

ガスパール・デュゲ(Gaspard Dughet、1615年6月4日 - 1675年5月25日)は生涯をイタリアで過ごした、17世紀のフランスの画家である。義理の兄、ニコラ・プッサン(1594-1665)と共に活動し、プッサンの弟子でもあったので姓はプッサンとされることもある。

略歴[編集]

ローマにフランス人料理人の父親とイタリア人の母親の間に生まれた[1]。姉が有名な画家、ニコラ・プッサンと結婚したことにより美術の道に進むことになった。プッサンの家に数年間住み、絵を学んだ。特に初期の作品にはプッサンの影響が強いが、後年は独自な風景画を製作するようになった。17世紀はじめの画家たち、パウル・ブリル(1554–1626)、クロード・ロラン(1600s-1682)、ドメニキーノ(1581-1641)、アダム・エルスハイマー(1578-1610)、サルヴァトル・ローザ(1615-1673)らからも影響をうけている。

風景画としては主に明るいイタリアのカンパーニア地方の風景を描いた。18世紀になって、特にイギリスのコレクターに人気が出てイギリスの風景画家たちに影響を与えた[1]

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Rosenberg, Pierre (1982). “DUGHET Gaspar also known as Gaspar Poussin”. France in the Golden Age: Seventeenth Century Paintings in American Collections. New York: Metropolitan Museum of Art. p. 243. ISBN 9780870992957. http://www.metmuseum.org/research/metpublications/France_in_the_Golden_Age_Seventeenth_Century_French_Paintings_in_American_Collections 

参考文献[編集]

  • Nieuwenhuis' Woordenboek van kunsten en wetenschappen, herziene uitgave, Leiden: A.W. Sythoff (1863), blz. 8. Online beschikbaar op Google boeken
  • H. Macfall, A History of Painting: The French Genius Part Six, 2004. Gedeeltelijk online beschikbaar op Google boeken