カーナーヴォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カーナーヴォン
Caernarfon.jpg
カーナーヴォン城からのカーナーヴォン
カーナーヴォンの位置(グウィネズ (ウェールズ)内)
カーナーヴォン
カーナーヴォン
グウィネズにおけるカーナーヴォンの位置
人口 9,611人 
英式座標
SH485625
ロンドン 247.1mi
コミュニティ
  • Caernarfon
プリンシパル
エリア
セレモニアル
カウンティ
構成国 ウェールズの旗 ウェールズ
イギリスの旗 イギリス
郵便地域 CAERNARFON
郵便番号 LL55
市外局番 01286
警察 ノース・ウェールズ
消防 ノース・ウェールズ
救急医療 ウェルシュ
欧州議会 ウェールズ
英国議会
ウェールズ議会
場所一覧
イギリス
ウェールズ
グウィネズ
北緯53度08分 西経4度16分 / 北緯53.14度 西経4.27度 / 53.14; -4.27座標: 北緯53度08分 西経4度16分 / 北緯53.14度 西経4.27度 / 53.14; -4.27
カーナーヴォン城

カーナーヴォン (Caernarfonウェールズ語発音表記:kaɨrˈnarvɔn, 英語: [kərˈnɑrvən])は、ウェールズの自治体。グウィネズ州、メナイ海峡の東岸にあり、対岸はアングルシー島である。

歴史[編集]

カーナーヴォンとはローマ時代の砦に由来する名称である。ウェールズ語ではこの土地をy gaer yn Arfon(モン島と向かい合う土地にある砦)と呼んでいた。モン島(Môn)とはウェールズ語でアングルシー島を意味する[1]

1221年、ルーウェリン・ザ・グレート(en)はアングルシー島のペンモン修道院の聖職者たちに憲章を授け、地名をKaerinarfon [2]と称した。ウェールズの年代記である『諸侯たちの年代記』(en)においては、KaerenarvonCaerenarvonのつづりが用いられた[2]。古くには替わりの名称としてCaer Seiontがあった。中世のウェールズ語の昔話Breuddwyd MacsenではそれはCaer Aber Sei(o)n(t)と呼ばれた。Seiontとはメナイ海峡に注ぐ川の名で、『Seiont川の河口にある砦』 を意味する。また、Caer Gystennin(コンスタンティンの城)の名もあった[3]

カーナーヴォンはかつてあったカーナーヴォンシャーの歴史的なカウンティに属するカウンティ・タウンであった。まちは大規模な石造りのカーナーヴォン城でよく知られていた。城はエドワード1世によって建設されたため、その結果時にはイングランド支配の象徴とみなされていた。

1284年、エドワード1世の憲章によってカーナーヴォンはバラ(自治都市)となった。幾度か追認された憲章により、城の最高責任者(Constable of the Castle)がバラの首長に任命された。かつての自治都市としてのバラは、1963年にロイヤル・バラ(王立都市)となった。このバラは1974年に1972年地方自治法によって廃止され、ロイヤル・タウン(royal town)の名が自治体に授けられた[4]

政治[編集]

グウィネズ州議会がカーナーヴォンに置かれている。地方裁判所はカーナーヴォンと北西ウェールズの他の場所を管轄する。

統計[編集]

2001年のイギリス国勢調査において、人口の86.1%がウェールズ語を話した。ウェールズ語話者の最大のグループは10歳から14歳の年齢層で、そのうち97.7%が流暢に話すことができた。

脚注[編集]

  1. ^ Taylor, Arnold (1997) [1953]. Caernarfon Castle and Town Walls (4th ed.). Cardiff: Cadw – Welsh Historic Monuments. ISBN 1-85760-042-8, P.4
  2. ^ Thomas Jones (ed.) Brut y Tywysogion[:] Peniarth MS. 20 (Cardiff, 1941). It should however be noted that medieval orthography in every language varies considerably and variant spellings of a name or word often occur in the same manuscript text. Kaerinarfon, Kaerenarvon and Caerenarvon correspond to Caer-yn-Arfon in modern Welsh orthography. The letter "y" would naturally be lost in the spoken language, thus giving the standard Welsh name Caernarfon ("Caer 'n Arfon").
  3. ^ See Sir en:Ifor Williams' notes in his edition of Breuddwyd Maxen (Bangor, 1920). The name appears for the first time in the work of en:Nennius. Pre-conquest medieval Welsh poets such as en:Hywel ab Owain Gwynedd sometimes use the name Caer Gystennin.
  4. ^ [1] The Town's Armorial Bearings & Royal Status (Caernarfon Online)

関連項目[編集]