カロル・スタニスワフ・ラジヴィウ (1734-1790)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カロル・スタニスワフ・ラジヴィウ

Karol Stanisław Radziwiłł Panie Kochanku.PNG

家系 ラジヴィウ家
紋章 POL COA Radziwiłł.svg
両親 ミハウ・カジミェシュ・ラジヴィウ
ウルシュラ・ヴィシニョヴィエツカ
配偶 マリア・カロリナ・ルボミルスカ
テレサ・カロリナ・ジェヴスカ
子女 なし
出生 1734年2月27日
生地 ネスヴィジ
死去 1790年11月21日
没地 ビャワ

カロル・スタニスワフ・ラジヴィウポーランド語:Karol Stanisław Radziwiłł;リトアニア語:Karolis Stanislovas Radvila、1734年 - 1790年)は、ポーランド・リトアニア共和国の大貴族、公(帝国諸侯)。ヴィリニュス県知事リヴィウ都市長官であった。同名の祖父カロル・スタニスワフ・ラジヴィウと区別するため、「親愛なる旦那様」を意味するパニェ・コハンク(Panie Kochanku)の渾名で呼ばれる。

生涯[編集]

リトアニア大ヘトマンミハウ・カジミェシュ・ラジヴィウと、高名な劇作家ウルシュラ・フランチシュカ・ヴィシニョヴィエツカとの間に生まれ、1753年にヒェロニム・アウグスティン・ルボミルスキの孫娘の一人マリア・カロリナと結婚し、1764年にヴァツワフ・ジェヴスキの娘テレサ・カロリナと再婚した。

生涯を通じ、ラジヴィウはポーランド・リトアニア共和国で多くの官職に与った。1752年よりリトアニア剣捧持官となり、1757年8月3日には白鷲勲章を受け、1762年にヴィリニュス県知事に任じられた。1767年には黄金の自由の保守を目論むラドム連盟で、翌1768年には反ロシア軍事活動を展開したバール連盟で、それぞれ総司令官(盟主)を務めた。バール連盟の敗退後の1772年には亡命を余儀なくされたが、1777年には政敵であった国王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキに忠誠を誓い、全ての官職を取り戻した。しかし保守政治家としての立場を貫き、1788年から1792年まで開かれた4年議会では代議員として諸改革の反対者側に回り、国王およびファミリアと敵対し続けた。

ラジヴィウは18世紀後半の共和国で最も富裕なマグナートであり、同時にヨーロッパでもっとも富裕な貴族の一人だった。彼の不動産だけでも25県にまたがる16の私領都市、683の村を所有していた。ラジヴィウに関する伝説は多くの小説や詩に描かれた。彼はまた大酒飲みで下品などんちゃん騒ぎを好み、その豪胆な性格は貴族たちの信望をあつめ、サルマティズムの体現者、偉大な愛国者ともみなされていた。ラジヴィウは貧窮シュラフタたちに大変な人気があり、現在でも18世紀後半のポーランドを代表する人物の一人とされている。