カロリーナ・グティエレス・ガイテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はグティエレス第二姓(母方の)はガイテです。
カロリーナ・マルセラ・グティエレス・ガイテ
基本情報
通称 Chapita[1]
階級 スーパーバンタム級
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
誕生日 (1977-03-20) 1977年3月20日(41歳)[1]
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
コルドバ州コルドバ
プロボクシング戦績
総試合数 24
勝ち 21
KO勝ち 13
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示

カロリーナ・マルセラ・グティエレス・ガイテ(Carolina Marcela Gutiérrez Gaite、1977年3月20日[1] - )は、アルゼンチンの女子プロボクサー。元WBA女子世界スーパーフライ級暫定王者

来歴[編集]

2004年8月13日デビュー。

2005年10月21日、初代アルゼンチン女子バンタム級王座獲得。

2006年4月21日、UBC女子バンタム級王座獲得。

2008年10月17日、ロシレッテ・ドス・サントスWBA女子世界スーパーフライ級暫定王座を争い、3-0判定で暫定王座獲得。

2009年7月4日、ドイツにてスージー・ケンティキアンが持つWBA女子・WIBF世界フライ級王座に挑むが、三者90-100のフルマークで完敗。

2010年10月15日、ソルダッド・マセドに判定勝利して暫定王座初防衛。

2011年2月5日、パウリナ・カルドナに判定勝利して2度目の防衛。

2012年1月28日、マリア・アンドレア・ミランダに判定勝利して3度目の防衛。

2012年4月27日、正規王者天海ツナミと王座統一戦を行うことが内定[2]。しかし、4月に入り負傷、そのため延期となるも[3]、復帰の目途が立たず休養王者にされた。このため統一戦は消滅(天海は代わりに山口直子と5度目の防衛戦を行った[4])。最終的に暫定王座は剥奪された。

復帰戦は2012年9月1日、アナヒ・ヨランダ・サレスと対戦したが、引き分け。

戦績[編集]

  • プロボクシング:24戦 21勝 13KO 1分 2敗

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Carolina Marcela Gutierrez Gaite”. Boxrec.com. 2013年4月26日閲覧。
  2. ^ 天海ツナミのブログ. “決まった!”. 2012年3月11日閲覧。
  3. ^ 天海ツナミ (2012年4月10日). “延期になりました”. 2013年4月26日閲覧。
  4. ^ “山口が天海の世界王座に7・9挑戦”. デイリースポーツ. (2012年5月10日). http://daily.co.jp/ring/2012/05/10/0005040977.shtml 

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ロシレッテ・ドス・サントス
WBA女子世界スーパーフライ級暫定王者
暫定:2008年10月17日 - 2012年8月30日(剥奪)
休養:2012年5月 - 2012年8月30日(剥奪)
次暫定王者
剥奪により消滅