カリ第一鉄パーガス閃石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カリ第一鉄パーガス閃石(カリだいいちてつパーガスせんせき、 Potassic-ferro-pargasite)は、2009年に発表された新鉱物で、産業技術総合研究所鉱物学者坂野靖行などにより、三重県の加太市場から発見された[1]化学組成はKCa2(Fe2+4Al)(Si6Al2)O22(OH)2で、単斜晶系パーガス閃石(Pargasite)のマグネシウムの位置に2価のが入り、ナトリウムの位置にカリウムが入った種である。

脚注[編集]

  1. ^ Banno, Y. et al. (2009): Potassic-ferropargasite, a new member of the amphibole group, from Kabutoichiba, Mie Prefecture, central Japan. Jour. Mineral. Petrol. Sci., 104, 374-382.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]