カラミアジカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラミアジカ
保全状況評価
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
: シカ科 Cervidae
亜科 : シカ亜科 Cervinae
: Axis
: カラミアジカ A. calamianensis
学名
Axis calamianensis (Heude, 1888)
和名
カラミアジカ
英名
Calamian deer

カラミアジカAxis calamianensis)は、動物界脊索動物門哺乳綱ウシ目(偶蹄目)シカ科に分類されるシカ。

分布[編集]

種小名calamianensisは「カラミアン産の」の意で、和名や英名と同義。

フィリピンカラミアン諸島固有種

形態[編集]

肩高60-70cm。体重35-50kg。頸部は短く、胴が長い。背面は黄褐色の短い体毛で被われ、黒い縦縞が入る。胴体腹面は暗褐色、尾腹面は白い体毛で被われる。四肢は暗褐色の体毛で被われる。

耳介は小型で、先端が尖る。四肢は短く、蹄の間にある臭腺(蹄間腺)はあまり発達しない。

オスには先端が二股に分かれた角がある。角の長さは30cm。

生態[編集]

森林草原などに生息する。最大27頭以下の群れを形成し生活する。

食性は植物食で、主に、木の葉、芽などを食べると考えられている。

繁殖形態は胎生。妊娠期間は約8か月。1回に1頭(まれに2頭)の幼獣を産む。

人間との関係[編集]

生息地では食用とされたり、角や皮が利用される。

食用や角、皮目的の乱獲などにより生息数は減少している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科4 大型草食獣』、平凡社1986年、84頁。
  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ5 東南アジアの島々』、講談社2000年、38、136頁。

外部リンク[編集]