カムナガラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カムナガラ』は、やまむらはじめによる漫画1999年から2006年に『ヤングキングアワーズ』(少年画報社)で連載された。単行本全10巻。他に外伝1巻。

概要[編集]

『ヤングキングアワーズ』(少年画報社)2000年1月号から2006年4月号に連載。現代の日本を舞台にしたオカルト伝奇アクション。2001年から2003年に、本編の前史を描いた「カムナガラ外伝」が『ヤングキングアワーズ増刊』に掲載された。外伝は昭和初期が舞台の歴史色の強い作品となっており二・二六事件が時代背景にあったり大川周明といった実在の人物が登場する。

あらすじ[編集]

平凡な高校生活を送っていたひたかは、ある日突然、正体不明の化物に襲われ、自分の手から現れた「剣」によって難を逃れる。その場に現れた同級生・かなたから、化物は実体を持たずに人間を乗っ取る異世界の侵略者で、ひたかは侵略者からこの世を守る「剣の一族」の最後の生き残りだと告げられる。侵略者に育ての親である伯母が殺されるなどして、戦わざるを得なくなるひたか。しかし、自らが出現させる「剣」のことなど前世の記憶が一切思い出せない。そこへ侵略者の斎野翼紗が現れ、状況を正しく把握していないとひたかを嘲笑し、侵略者の襲撃を「さとがえり」だと言う。

登場人物[編集]

剣の一族[編集]

九谷 日嵩(くがや ひたか)
高校生。はるか古より「さとがえり」と戦い続けてきた「剣の一族」の末裔。右腕より顕現する聖なる「剣」で「さとがえり」と戦う剣士。かつて剣士の長であったトウマの生まれ変わり。
武弥 香奈多(たけみ かなた)
日嵩の恋人。「剣の一族」の末裔。「さとがえり」を送り返す封印の「鏡」を持つ鏡女。トウマの妻であった月美の生まれ変わり。
鳴神 遥日(なるがみ はるか)
日嵩の通う高校の教師。「剣の一族」の末裔。ひたかの叔母が殺害された後は、彼の身元引受人となり、次第にひたか達の戦いに巻き込まれていく。彼女の剣の腕は相当なもので、戦いの際には鬼神のごとき戦闘力を発揮する、本作品における最強人物の一人。

匣の住人[編集]

斎野 翼紗(さいの つばさ)
「さとがえり」の長。生きた人間の肉体を乗っ取り、宿主の名前で行動している。匣の封印を破り、現世に復讐するため画策する。匣の主、匣の長などと呼ばれる。
納見 行依(のうみ ゆくえ)
翼紗の相棒。殺し合いを好む戦闘狂。

その他[編集]

春日 瑞葉(かすが みずは)
宮内庁鎮守職の「柱」の巫女。
天野 崇史(あまの たかし)
宮内庁鎮守職の儀式官。震災事変の折に失脚した天野の曾孫で、「柱」の封印を行う鎮守職とは別の思惑のために瑞葉に近づく。

刊行情報[編集]

単行本