やまむらはじめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やまむら はじめ
生誕 (1968-05-01) 1968年5月1日(54歳)
日本の旗 日本石川県松任市(現・白山市
職業 漫画家
活動期間 1991年 -
ジャンル 青年漫画
代表作神様ドォルズ
テンプレートを表示

やまむら はじめ1968年昭和43年)5月1日[1] - )は、日本漫画家石川県松任市(現・白山市)出身。男性

人物[編集]

1991年平成3年)、『サイバーコミックス』(バンダイ)に掲載された「マージナル・ミラージュ」でデビュー。以後、『ヤングキングアワーズ』(少年画報社)などに作品を掲載。伊崎浪名義で同人誌でも活動していた。ペンネームは本名を平仮名にしたもので理由本名名前が読みにくいからである。

漫画家の広江礼威は友人であり、米村孝一郎高校先輩にあたる。『ドラゴンマガジン』や『ぱふ』のインタビューなどで、漫画家三原順を尊敬し、少しでも近づきたいと語る。『カムナガラ』連載開始あたりには森美夏の影響があると語り、キャラクターの目の下にクマのような影を描くことが多くなる。

男性が主人公の作品のほぼ全てに、その男性主人公が憧れる年上の女性が登場し、作者自身、その傾向を「呪縛」・「病気」と語る。表紙カラーやイラストも含めアナログでの作業が基本だが『神様ドォルズ』あたりでデジタル彩色を取り入れている。趣味はバイクと鳥と音楽鑑賞。作中に鳥が多く登場していた時期がある。『天にひびき』では、自身の趣味である音楽をテーマとした作品を描いている。富野由悠季作品全般を好み『アニメージュ』では『富野に訊け!』のコーナーで挿絵を担当している。雑誌のコラム等でも富野作品について言及することが多い。2005年(平成17年)度の『アニメージュ』のベストアニメでは『双恋』を挙げている。

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 神様ドォルズ やまむら・はじめ 小学館コミック -サンデーGENE-X”. 小学館. 2021年5月30日閲覧。
  2. ^ 「神様ドォルズ」完結、最終巻は4月予定で初回限定版も”. コミックナタリー (2013年2月19日). 2013年2月19日閲覧。
  3. ^ やまむらはじめ、アワーズでの新連載はクラシックマンガ”. コミックナタリー (2009年4月30日). 2009年4月30日閲覧。
  4. ^ 「神様ドォルズ」やまむらはじめの新連載、GXでスタート”. コミックナタリー (2013年9月19日). 2013年9月19日閲覧。
  5. ^ やまむらはじめ「おとの教室」MOMOで新連載”. コミックナタリー (2014年10月28日). 2014年10月28日閲覧。
  6. ^ やまむらはじめの探偵アクションがアワーズGHに、はっとりみつるも登場”. コミックナタリー (2015年10月16日). 2015年10月16日閲覧。
  7. ^ 「神様ドォルズ」のやまむらはじめ、王女3人の逃亡描くファンタジーGXで開始”. コミックナタリー (2017年9月19日). 2017年9月19日閲覧。
  8. ^ サンデーGXが新装刊!「BLACK LAGOON」連載再開、付録にアクリルスタンド”. コミックナタリー (2019年9月19日). 2010年9月19日閲覧。
  9. ^ 「妖傀愚連隊」のスズキ唯知が描く治外法権ガンアクション、サンデーGXで始動”. コミックナタリー (2020年11月19日). 2020年11月19日閲覧。
  10. ^ 不思議な少年とひと夏の大冒険!アワーズでやまむらはじめの伝奇ファンタジー開幕”. コミックナタリー (2021年1月29日). 2021年1月29日閲覧。
  11. ^ “「ブラック・ラグーン」エダのCIAルーキー時代をやまむらはじめが描く新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年4月19日). https://natalie.mu/comic/news/474483 2022年4月19日閲覧。 

外部リンク[編集]