やまむらはじめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまむら はじめ
本名 山村 哉(やまむら はじめ)
生誕 (1968-05-01) 1968年5月1日(53歳)
日本の旗 日本石川県松任市(現・白山市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1991年 -
ジャンル 青年漫画
代表作カムナガラ
エンブリヲン・ロード
神様ドォルズ
テンプレートを表示

やまむら はじめ本名:山村 哉(やまむら はじめ)、1968年昭和43年)5月1日 - )は、日本漫画家石川県松任市(現・白山市)出身。男性

人物[編集]

1991年平成3年)、『サイバーコミックス』(バンダイ)に掲載された「マージナル・ミラージュ」でデビュー。以後、『ヤングキングアワーズ』(少年画報社)などに作品を掲載。伊崎浪名義で同人誌でも活動していた。ペンネームは本名を平仮名にしたもので理由本名名前が読みにくいから。

漫画家の広江礼威は友人であり、米村孝一郎高校先輩にあたる。『ドラゴンマガジン』や『ぱふ』のインタビューなどで、漫画家三原順を尊敬し、少しでも近づきたいと語る。『カムナガラ』連載開始あたりには森美夏の影響があると語り、キャラクターの目の下にクマのような影を描くことが多くなる。

男性が主人公の作品のほぼ全てに、その男性主人公が憧れる年上の女性が登場し、作者自身、その傾向を「呪縛」・「病気」と語る。表紙カラーやイラストも含めアナログでの作業が基本だが『神様ドォルズ』あたりでデジタル彩色を取り入れている。趣味はバイクと鳥と音楽鑑賞。作中に鳥が多く登場していた時期がある。『天にひびき』では、自身の趣味である音楽をテーマとした作品を描いている。富野由悠季作品全般を好み『アニメージュ』では『富野に訊け!』のコーナーで挿絵を担当している。雑誌のコラム等でも富野作品について言及することが多い。2005年(平成17年)度の『アニメージュ』のベストアニメでは『双恋』を挙げている。

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

  • 龍哭譚紀行(1992年 - 1994年、『コミックマスターEX』、ホビージャパン、全1巻)
  • CROSSING GAME(1993年 - 1994年、『月刊ドラゴンマガジン』、富士見書房、全1巻)
  • ハイパーボリア(1994年 - 1995年、『コミックマスターEX』、全1巻)
  • GUNMETAL HOUND(ガンメタルハウンド/ガンメタルハウンドプラス) (1996年、『コミックマスター』、ホビージャパン、全1巻) ※未完。
  • ドライエック (1997年、『ヤングキングアワーズ』、少年画報社、全1巻)
  • 未来のゆくえ - 短編集。1998年 - 1999年に『ヤングキングアワーズ』に掲載された短編作品を掲載。
  • エンブリヲン・ロード(1999年 - 2002年、『コミックガム』、ワニブックス出版、全7巻)
  • カムナガラ(1999年 - 2006年、『ヤングキングアワーズ』、少年画報社、全10巻、外伝全1巻)
  • 境界戦線(2003年、『月刊サンデージェネックス』、小学館、全1巻)
  • 蒼のサンクトゥス(2003年 - 2007年、『ウルトラジャンプ』、集英社、全5巻)
  • 夢のアトサキ(2006年 - 2007年、『ヤングキングアワーズ』、少年画報社、全1巻)
  • 神様ドォルズ(2006年 - 2013年、『月刊サンデージェネックス』、全12巻)
  • 天にひびき(2009年 - 2014年、『ヤングキングアワーズ』、少年画報社、全10巻)
  • 碧き青のアトポス(2013年 - 2017年、『月刊サンデージェネックス』、全7巻)
  • おとの教室(2014年 - 2016年、『まんがライフMOMO』、竹書房
  • 超人ロック異聞(2017年、『ヤングキングアワーズ』、トリビュート企画の一編を担当)
  • SEVEN EDGE(2016年 - 2019年、『画楽ノ杜』、集英社、全5巻)
  • 姫ヤドリ(2017年 - 2019年、『月刊サンデージェネックス』、全5巻)
  • 漆黒のジギィ(2019年 - 2020年、『月刊サンデージェネックス』、小学館、全3巻)
  • ドラゴンズサマー 〜クロとわたしの夏休み〜(2021年 - 、『ヤングキングアワーズ』、少年画報社)

その他[編集]

外部リンク[編集]