カミーユ=メルシオール・ジベール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カミーユ=メルシオール・ジベール(Camille-Melchior Gibert、1797年 - 1866年)は、フランスの皮膚科医。

パリに生まれる。アンリ4世によって開設された伝統あるパリのサン=ルイ病院 (fr:Hôpital Saint-Louis (Paris)) でインターンとなる。サンルイ病院は皮膚科と血液学の研究で著名であった。皮膚科医となった後は、サンルイ病院、およびブロカ病院に勤務する。1860年に発見した当時原因不明の皮膚病ジベルばら色粃糠疹 (Pityriasis rosé de Gibert) の発見によって知られる。1866年、パリで死去。

外部リンク[編集]