カウィ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カウィ語
ꦧꦱꦗꦮ (Bhāṣa Kawi, Old Javanese)
話される国 インドネシアジャワ島バリ島マドゥラ島ロンボク島およびフィリピンのいくつかの島
地域 インドネシアフィリピン
消滅時期 14世紀までに廃れた文語
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 kaw
ISO 639-3 kaw
Linguist List kaw
Glottolog kawi1241[1]
テンプレートを表示

カウィ語(カウィご、カウィ語: ꦧꦱꦗꦮ、: Kawi language)は文学言語、散文言語である。古ジャワ語英語版を基礎としてサンスクリットから借用したかなりの語彙を取り込んでいる。使用されていた地域はジャワ島バリ島ロンボク島などの島々である。カウィはサンスクリット(梵語)で「詩人」を意味するカーヴィー(kavi)に由来する。

言語名別称[編集]

  • 古代ジャワ語
  • 古ジャワ語
  • Old Javanese
  • カヴィ語

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Kawi”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/kawi1241. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]