オレンジGGN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オレンジGGN
識別情報
CAS登録番号 2347-72-0 チェック
ChemSpider 20152418 チェック
E番号 E111 (着色料)
特性
化学式 C16H10N2Na2O7S2 (disodium salt)
モル質量 452.369 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

オレンジGGN(Orange GGN)は、着色料として用いられる物質である。1-(m-スルホフェニルアゾ)-2-ナフトール-6-スルホン酸の二ナトリウム塩である。ヨーロッパでは、E番号111が付けられているが、1978年1月1日以降、食品への利用が禁止された(EU指令76/399/EEC)。国際食品規格委員会の食品添加物リストに登録されたことはない。毒物学的データが有害であることを示しているため、一般的に食品への利用は禁止されている。

オレンジGGNとサンセットイエローFCF吸収スペクトルは、可視光及び紫外線領域でほぼ相同だが、赤外線領域で区別される。