オルソケラトロジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オルソケラトロジーOrthokeratology)は、特殊なカーブデザインが施されたハードコンタクトレンズを装用することで角膜形状を変形して矯正し、主に近視などの眼科的屈折異常を治療する角膜矯正療法。オルソは矯正、ケラトは角膜、ロジーは学問・療法を意味する。オルソケーOrtho-K)、オルソKとも略され、レンズの名前からオルソレンズとも呼ばれる。

特徴[編集]

従来の眼科的近視屈折手術と異なり非侵襲的であり、酸素透過性の高いコンタクトレンズを夜間、主に就寝中に装用することで角膜形状を矯正し、レンズを外した後も一定期間裸眼視力を維持できることが特徴である。具体的には、ハードコンタクトレンズで角膜を圧迫して、形状を平らに変えて近視や乱視を矯正する。効果は一時的で、視力は数日すると元に戻る[1]。効果が持続する時間は個人差があり、毎日装用する必要がある者もいれば、1週間に2~3回の装用する者、1週間に1回で充分という者もいる[2]

また、ラグビー・アメリカンフットボール・格闘技などの接触競技や、野球・サッカーなどの砂塵の多い屋外環境下競技など、スポーツ中の矯正方法としても適応する。

なお、近視と、軽度の乱視の矯正は可能であるが、遠視の矯正はできない[3]。また、適応可能かどうかは個人差があり、あまりに強度の近視には対応できない可能性もある[2]。角膜が柔らかい未成年者と相性がよく、また近視の進行を遅らせるとの報告がある[4]。ただし、日本眼科学会は、オルソケラトロジーのガイドラインにて、長期予後についてはなお不確定な要素があることを理由に「患者本人の十分な判断と同意を求めることが可能で、親権者の関与を必要としないという趣旨」から、法的強制力はないが、適応可能な年齢を20歳以上としている[5]

レーシックと異なり、眼球への手術は不要である。しかし、数日おきにレンズを装着する必要がある。また、レンズの寿命が2~3年なので買い替えが必要で、コンタクトレンズであるため保存液などのコストも掛かる[6]。コンタクトレンズを睡眠中に装着するという方法なので、網膜に影響が出る可能性もあるため、定期的な眼科への検診が推奨されている[2]

レーシック手術を受けた場合、角膜の形状が削られて平らになるため、手術後にオルソケラトロジーを使用しようとしても、効果が出にくくなる恐れがある[1]

歴史[編集]

1940年代に開発されたコンタクトレンズは1950年代に広く普及したが、患者がハードコンタクトレンズを外した後に眼鏡をかけるとかすみ感を訴えるという現象が起こった。これは角膜よりもフラットなベースカーブをもったコンタクトレンズをフィッティングさせることにより、角膜が平坦になったため、その分だけ角膜の屈折率が変化したために起こった現象であった。Dr.Wesleyらはこれを「スペクタクルブラー」と名づけ、MayやGrantなどの眼科医たちの研究や酸素透過性の高いレンズ素材の開発などによってオルソケラトロジー技術に発展する。1989年にWoldygaはより効率的なオルソケラトロジー効果をもたらすレンズデザインを開発する。

アメリカでは2000年頃に製品化される。これを受けて、日本では、欧米人に比べて平面的な角膜を持つ日本人に合わせたレンズの研究が開始され、2012年に医療機器として厚生労働省の認可を受けている[4]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]