オリヴィア・L・クレメンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリヴィア・L・クレメンズ(1869年撮影)

オリヴィア・ラングドン・クレメンズ: Olivia Langdon Clemens1845年11月27日 - 1904年6月5日)はアメリカ人作家マーク・トウェイン(サミュエル・ラングホーン・クレメンズ)の妻である。

幼少期[編集]

オリヴィアは1845年ニューヨーク州エルマイラで父ジェーヴィス・ラングドン、母オリヴィア・ルイス・ラングドンの間で生まれた。父ジェーヴィスは裕福な石炭のビジネスマンであった。家族は信心深く奴隷解放論者であった。オリヴィアは家庭での教育とサーストンズ女子神学校(Thurston’s Female Seminary)、及びエルマイラ女子大学(Elmira Female College)で学んだ。彼女の健康状態は良くなく彼女の十代のうちおよそ6年間を病床で過ごした。彼女は結核性骨髄炎かあるいは脊椎(せきつい)カリエスを患っていたようであり、大人になっても健康状態は向上しなかった。

恋愛と結婚[編集]

彼女は彼女の兄チャールズを通して1867年12月にサムエル・クレメンズ(マーク・トウェイン)に会い、最初のデートはニューヨークでチャールズ・ディケンズの読書であった。クレメンスは1868年の間手紙で彼女をしきりに誘った。彼女は彼からの最初のプロポーズを断ったものの、2ヶ月後(1868年11月)には婚約を承諾した。彼らは1870年2月にエルマイラで結婚した。