オリオン・マシーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トロンボーン協奏曲『オリオン・マシーンOp.55は、は、吉松隆1992年から1993年にかけて作曲した作品。

概要[編集]

トロンボーン奏者箱山芳樹のために書かれた作品であり、1993年4月15日に箱山の独奏と外山雄三指揮日本フィルハーモニー交響楽団により初演された。当初は、トロンボーン司祭になぞらえたミサを思い描いていたが、ある晩観測したオリオン座に、マシーンになぞらえたトロンボーンを融合させるという構想を思いつき、この曲が生まれる発端になった。

楽器編成[編集]

全体はオリオン座を模した配置になっており、ピアノハープ打楽器を三ツ星に、オーケストラをオリオン座とマシーンになぞらえている。

解説[編集]

オリオン座の四ツ星と三ツ星をテーマにした5楽章で構成されており、全曲は切れ目なく演奏される。

  • 第1楽章「ベテルギウス」
  • 第2楽章「ベラトリクス」
  • 第3楽章「悲歌と歪んだワルツ」
  • 第4楽章「サイフ」
  • 第5楽章「リゲル」

参照サイト[編集]