オランダ沿岸警備隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オランダ沿岸警備隊の巡視船

オランダ沿岸警備隊(Nederlandse Kustwacht)は、オランダにおける沿岸警備隊組織。1987年に発足した。

概要[編集]

オランダの排他的経済水域内(主に北海)における救難、海上交通整理、航法支援、漁業監視、環境保護、治安維持などを任務とする。1987年2月に6省庁(交通・公共事業省、国防省、司法省、財務省、農産資源管理省、内務省)の業務分担を調整することにより発足した。当初は、6省庁の共管であったが、効率的な運営が行えなかったことから、1994年にオランダ海軍の傘下に移し、機材や権限の整理統合を行うこととなった。これは1995年に行われ、本部もデン・ヘルダーの海軍基地内に移動した。運営は文民によって行われている。

機材としては、巡視船のほか、ドルニエ 228などの固定翼機、ヘリコプターを有している。巡視船には赤と青の帯による塗装がなされている。

外部リンク[編集]