オムネク・オネク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オムネク・オネク(Omnec Onec, 1955年 - ) 本名:シーラ・シュルツ(Shiela Schultz)

『Ufo From Venus I Came』(Wendelle Stevens)の著者。

略歴[編集]

アストラル界の金星の都市・チュートニアから地球で残した自身のカルマの清算と金星のマスターから言い渡された使命を果たすために、幼少時に体を物理的な波動に落とし、1952年アストラル界と物理的世界の中継都市・レッツから宇宙船で地球に飛来し、チベットの寺院で3年間過ごした後に、アーカンソー州で交通事故で死亡した7歳の少女と事故現場で入れ替わり、アメリカ人として生活し始めたと述べている。

テネシー州チャタヌーガで学校生活を送るが、後にシカゴに移る。スタン・シュルツ(Stan Schultz)と結婚。1976年に離婚をした後、ドイツに移り、1992年から世界平和のためのワークショップや講演などで欧州を回る。

著作リスト[編集]

  • 私はアセンションした惑星から来た(益子祐司/訳、徳間書店 2008年3月 ISBN 978-4-19-862503-0
  • 地球人になった金星人オムネク・オネク(益子祐司/訳、徳間書店 2011年2月 ISBN 978-4-19-863114-7
  • DVDから語りかける 金星人オムネク・オネク 地球を救う愛のメッセージ(益子祐司/訳、徳間書店 2011年12月 ISBN 978-4-19-863308-0
  • 金星人オムネクとの対話 スターピープルたちにいま伝えたいこと(益子祐司/訳、T.O.エンタテイメント 2013年11月 ISBN 978-4-86472-185-1

外部リンク[編集]