オニアジサシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オニアジサシ
オニアジサシ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: カモメ科 Laridae
: オニアジサシ属 Hydroprogne
: オニアジサシ H. caspia
学名
Hydroprogne caspia
Pallas, 1770
和名
オニアジサシ
英名
Caspian Tern

オニアジサシ(鬼鯵刺、学名:Hydroprogne caspia)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

ヨーロッパ、中央アジア、中近東、アフリカ、北アメリカ、オーストラリアなど、南アメリカを除く熱帯から温帯で繁殖する。

日本では、まれな旅鳥または冬鳥として、本州四国九州南西諸島で記録がある。単独での飛来が多い。

形態[編集]

全長約53cm。翼開長は約140cm。セグロカモメとほぼ同じ大きさで、日本で観察されたアジサシ類では最大の種である。

夏羽は頭上が黒く、体の上面は淡い灰色、体の下面は白色である。尾は灰色で尾羽の切れ込みは浅い。冬羽では、頭上に白色の羽が混じるため、白黒のまだら模様になる。嘴の色は赤色で、太く長い。

生態[編集]

干潟、河口、湖沼に生息する。繁殖期はコロニーを形成する。

食性は動物食。

繁殖形態は卵生。湖沼の岸や川原などの砂地や、岩石地などに、直接2-3卵産む。

「カー、カー」または「クッ、クッ」と鳴く。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

Clements鳥類分類[編集]

Clements鳥類分類

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]


執筆の途中です この項目「オニアジサシ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類