オスカル・ネドバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オスカル・ネドバル
Oskar Nedbal
Oskar Nedbal.jpg
1901年のネバドル
基本情報
生誕 1874年3月26日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ボヘミア王国の旗 ボヘミア王国 ターボル
死没 1930年12月24日(満56歳没)
Flag of the Kingdom of Yugoslavia.svg ユーゴスラビア王国 ザグレブ
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家
指揮者
ヴィオリスト
担当楽器 ヴィオラ
共同作業者 ボヘミア弦楽四重奏団
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団
テンプレートを表示

オスカル・ネドバルOskar Nedbal, 1874年3月26日1930年12月24日)はチェコスロバキア作曲家指揮者

生涯[編集]

南部ボヘミアの古都ターボルにおいて、ドイツ語母語とするチェコ人の家庭に生れる。1891年より1906年まで、ボヘミア弦楽四重奏団の創立メンバーとしてヴィオラを担当。1896年から1906年まで10年間にわたってチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務める。1906年ウィーンに行き、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団を創立、1919年まで同楽団の指揮者を務める。作曲家としての活躍もこの頃にさかのぼる。

チェコスロバキア建国後に帰国し、主にスロヴァキアの主都ブラティスラヴァで活躍した。1930年クリスマス・イヴザグレブにおいて飛び降り自殺。多額の債務を抱えた末の死であった。

作曲をドヴォルザークに師事し、その熱烈な崇拝者ではあったものの、民族主義よりはウィーン楽派の伝統に忠実であった。たとえば器楽曲の場合、チェロピアノのための《ロマンティックな組曲》作品18において、《きらきら星変奏曲》の主題を巧みに挿入し、モーツァルトに敬意を払っている。バレエ音楽などの舞台音楽の作曲にも活躍し、なかでも1913年オペレッタポーランド気質 Polenblut 》は、1926年までウィーンにおいて3000回もの上演が行われた。このほかに室内楽曲や管弦楽曲、声楽曲がある。

主要作品一覧[編集]

器楽曲[編集]

  • ヴァイオリン・ソナタ ロ短調 作品9
  • ワルツ「森の鐘」「ミス・バタフライ」「ナイチンゲール」
  • スケルツォ・カプリチオーソ
  • チェロと管弦楽のためのロマンス
  • ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス
  • ヴァイオリンと管弦楽のためのセレナード
  • かわいい組曲
  • 弦楽合奏のためのチェコ風ポルカ

バレエ[編集]

  • 怠け者ホンザの物語 Pohádka o Honzovi (1902)
  • お婆さんのお伽話(おとぎ話からおとぎ話へ) Z pohádky do pohádky (1908)
  • ヒヤシンス姫 Princezná Hyacinta (1911)
  • Čertova babička (1912)

オペレッタ[編集]

  • 淑女バルバラ Die keusche Barbara, Erstlingswerk 1910
  • ぶどう園の花嫁花婿 Die Winzerbraut, 1916
  • 麗しのサスキア Die schöne Saskia, 1917
  • Eriwan, 1918
  • 農夫ヤコブ Sedlák Jakub, 1922 (Oper in Brünn)
  • Donna Gloria, 1926
  • マドモワゼル・ナポレオン Mlle Napoleon, 1928

外部リンク[編集]