オオミスジコウガイビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オオミスジコウガイビル
Bipalium nobile.jpg
オオミスジコウガイビル Bipalium nobile
分類
: 動物界 Animalia
: 扁形動物門 Platyhelminthes
: ウズムシ綱(渦虫綱) Turbellaria
: ウズムシ目(三岐腸目) Tricladida
亜目 : コウガイビル亜目(陸生三岐腸亜目)
Terricola
: コウガイビル科 Bipaliidae
: コウガイビル属 Bipalium
: オオミスジコウガイビル B. nobile
学名
Bipalium nobile
Kawakatsu and Makino, 1982
和名
オオミスジコウガイビル

オオミスジコウガイビルBipalium nobile)は、扁形動物門ウズムシ目コウガイビル科に分類されるコウガイビルの一種。日本には本来分布していない外来種である。他に日本に定着している同属の外来種には、東南アジア原産のワタリコウガイビルB. kewense)がいる。


分布[編集]

中国南部原産。

日本では、北海道小樽市)・本州四国九州に定着している。1960年代末から東京周辺で目撃され始めた。


形態[編集]

体長は50cmから1mと非常に大型。背面は淡黄褐色で、縦に細く3本の線がある。腹面には2本の縦線がある。


参考文献[編集]