エーオン コンサルティング ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エーオン コンサルティング ジャパン
Aon Consulting Japan
本社所在地 102-0076
東京都千代田区五番町12-1 番町会館
設立 2008年10月(2008年4月営業開始)
業種 組織人事経営コンサルティング
事業内容 グローバル組織人事戦略コンサルティング、人材育成・人材開発コンサルティング、従業員福利厚生コンサルティング
代表者 大滝令嗣(代表取締役会長)、堀江徹(代表取締役社長)
特記事項:データは2008年当時
テンプレートを表示

エーオン コンサルティング ジャパン株式会社は、かつて存在した日本の企業。

概要[編集]

保険・再保険仲介の世界最大手であるエーオン コーポレーション(本社:米国、120カ国・500拠点、3万8千人の社員)のグループ会社。総合人事コンサルティング会社として国内外の企業を対象に、グローバル組織人事戦略コンサルティング、人材育成・人材開発コンサルティング、従業員福利厚生コンサルティングの3つの業務を柱に展開していた。

グローバルネットワーク[編集]

  • エーオン コンサルティング ワールドワイド(ACW)として、世界各地域(90か国)に229の拠点を有する。ACW のヒューマンキャピタル/マネジメントコンサルティングサービスに従事するプロフェッショナルの人数は6,000人以上。
  • グローバルで10,000以上のクライアント企業(フォーチュン500の約半数)にコンサルティングサービスを提供。
  • 米Business Insurance誌の読者が選定する "Best Employee Benefit Consulting Firm(最も優秀な従業員福利厚生コンサルティング企業)" 部門で4年連続第1位を継続中(2006年~2009年)。

沿革[編集]

エーオン コンサルティングの歴史[編集]

1988年、米エーオン コーポレーションが従業員福利厚生コンサルティング会社であるMiller, Mason and Dickenson社を買収し、ヒューマンキャピタルコンサルティング事業を本格的に開始。2001年、加ASI Solutions Incorporated社を買収し、ヒューマンキャピタルコンサルティング部門をエーオン コンサルティング ワールドワイド(ACW)として再編成。ACWの日本における拠点として2008年4月に現所在地にオフィスを開設、営業を開始。その後、2008年10月にエーオン コンサルティング ジャパン株式会社設立。

2010年、アメリカの人材コンサルタント会社であるヒューイット・アソシエイツを買収[1] [2]、エーオン ヒューイット(Aon Hewitt)として事業を継続している。

日本におけるエーオンの歴史[編集]

第二次世界大戦後間もない1950年にPaul Aurelが東京に設立したオーレルインシュアランス保険代理店が日本におけるエーオンの事業活動の嚆矢。その後、トランスオシャニック保険代理店(1953年横浜で設立)との合併に始まり、親会社であるエーオン コーポレーションの組織改編等によって社名を変更しながら事業を継続。1996年にエーオン リスク サービス ジャパン株式会社に社名変更(その後、2009年2月にエーオン ジャパン株式会社に改称)。 前述の買収にともない、ヒューイット・アソシエイツの日本法人であるエーオンヒューイットジャパンと経営統合、2011年3月にエーオンヒューイットジャパン株式会社として再出発した[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]