エン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

兗州(えんしゅう)は中国にかつて存在した州。

初出は『尚書禹貢篇で、九州のひとつに挙げられた。黄河済水のあいだの地であり、黄河の九の支流が集まって雷夏沢を形成したとされる。

前漢のとき、兗州刺史部が置かれ、東郡陳留郡山陽郡済陰郡泰山郡城陽国淮陽国東平国を管轄した。

後漢の兗州は、陳留郡・東郡・東平郡任城郡・泰山郡・済北郡・山陽郡・済陰郡を管轄した。

西晋の兗州は、陳留国濮陽国・済陰郡・高平国任城国・東平国・済北国・泰山郡を管轄した。

北魏の兗州は、泰山郡・魯郡高平郡・任城郡・東平郡東陽平郡を管轄した。南朝では南兗州が僑置された。

の兗州は、589年開皇9年)に汴州及び曹州の一部に設置された杞州を前身とし、596年(開皇16年)に滑州606年大業2年)に兗州と改称された。607年(大業3年)、郡制施行に伴い兗州は東郡と改称され、下部に9県を管轄した。隋朝の行政区分に関しては下図を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
汴州 曹州 東郡
東郡 濮陽郡 済陰郡 白馬県 胙城県 匡城県
濮陽県 離狐県 韋城県
霊昌県 衛南県 封丘県
白馬県 東燕県 長垣県 濮陽県 西濮陽県 離狐県

622年武徳5年)に徐円朗を平定すると、魯郡を兗州と改めた。742年天宝元年)、兗州は魯郡と改称された。758年乾元元年)、魯郡は兗州と再び改称された。

関連項目[編集]

注釈[編集]