エンプティー・ブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エンプティー・ブルー
監督 帆根川廣
脚本 帆根川廣
製作 帆根川廣
製作総指揮 武藤明
出演者 秦秀明
音楽 帆根川廣]
主題歌 Raiji&Chips
撮影 帆根川廣
編集 帆根川廣
配給 アステア
公開 日本の旗 2009年5月30日
上映時間 130分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

エンプティー・ブルー』は、2009年日本映画

概要[編集]

帆根川廣の初の長編監督作品。主要スタッフはわずか3名の少数であり、製作には5年かかった。スタッフの出身地である群馬県で撮影された。

あらすじ[編集]

工場で孤独に働くタカシは、毎晩不思議な夢を見ていた。あるときから夢にひとりの少女が現れ、タカシは夢の世界に依存するようになってしまう。

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督/プロデューサー/原案/脚本/撮影/編集:帆根川廣
  • エグゼクティブプロデューサー:武藤明
  • 助監督:羽鳥高正
  • 衣装/メイク:椿マナミ
  • 主題歌:Raiji&Chips
  • 劇中絵画:さいとうみさ
  • 製作協力:プロスタッフコーポレーション、NPO法人パスの会
  • 協力:DESAFIADORES
  • 製作:スタジオステパノ
  • 宣伝/配給:アステア

映画祭[編集]

  • ドイツ・ハンブルク日本映画祭2009招待上映

外部リンク[編集]