エルンスト・シュテュッケルベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ernst Carl Gerlach Stückelberg (1934)

エルンスト・カール・ゲアラハ・シュテュッケルベルクErnst Carl Gerlach Stueckelberg, 1905年2月1日 - 1984年9月4日)は、スイス理論物理学者。姓はしばしばStückelbergと綴られる。バーゼル大学に提出された学位論文付属の履歴書にはJohann Melchior Ernst Karl Gerlach Stückelberg-von Breidenbachと記載されているが、後に本人が綴りを変更した。

湯川秀樹の発表した核力に関する理論に到達していながらノーベル賞を逃したと言われる物理学者でもある。

1927年バーゼル大学で学位を取得、チューリッヒ大学でグレゴール・ウェンチェルのもとでコンラッド・ブロイラー(Konrad Bleuler)と講師となった。

1935年、湯川秀樹よりも前に、核力をベクトル・ボゾンの交換力で説明する論文を書いたが、パウリに批判されて発表できなかったという話が残っている。

1942年陽電子についての仮説を提案した。

1943年量子電磁力学における無限大の生じる問題に繰り込み(Renormalization)を使う論文をかいたが論文誌にリジェクトされた。

1976年マックス・プランク・メダルを受賞した。

業績(英語版リンク)[編集]