エルサレム教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エルサレム教団は、初期キリスト教団ないしユダヤ教ナザレ派の一部。エルサレム教会の前身(伝承では同一とみなす)。

この教団にペンテコステ聖霊が下ったとの伝承があり、正教会ではこれをもってはじめて教会が建立されたとする。主の兄弟ヤコブが指導していたことで知られるが、最初期の指導者はペトロだった可能性も高い。

アラム語使用者を中心とし、ヘレニスト信者とはある種の緊張関係にあったようである。 当初は他の教団にも指導力を持っていたと推定されるが、ユダヤ戦争の後は衰微し、影響力を失った。