エルゲラブ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク実験前のエニウェトク環礁。左側にエルゲラブ島が存在している。
実験後のエニウェトク環礁。エルゲラブ島は消滅し、クレーターが残った。

エルゲラブ島(Elugelab island)は、マーシャル諸島エニウェトク環礁の島の一つである。エルゲラブ島は、1952年11月1日に行われた世界最初の水素爆弾の実験(アイビー作戦マイク実験)によって破壊された。この水素爆弾は、10.4メガトン以上の爆発(広島型原子爆弾の750倍[1][2] )だった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

座標: 北緯11度40分0秒 東経162度11分13秒 / 北緯11.66667度 東経162.18694度 / 11.66667; 162.18694

  1. ^ In Mortal Hands, A Cautionary History of the Nuclear Age, by Stephanie Cooke, Bloomsbury, New York, 2009, p. 103.
  2. ^ Soviets Stole Bomb Idea From U.S., Book Says”. 2008年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]