エルアザル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エルアザルヘブライ語ラテン文字表記):Elazar、「主は助ける」の意)は、アロンの第3子。母親はアミナダブの娘エリシェバである[1]。兄弟と共に祭司となった[2]

兄弟のナダブアビフが神の意志に反する方法で香を焚いて滅ぼされた時や[3]、レビ人のコラが造反を企てて罰せられた際にも[4]、神の側に立って行動した。レビ人の長の長にも任じられ[5]、アロンの死去を機に大祭司の職を受け継いだ[6]カナン入国後の相続地の分配の際もヨシュアと共に民の指導に当たった[7]。彼はエフライム山地にあるギブアに葬られ、その職は彼の子ピネハスによって継承された[8]バビロン捕囚の帰還後、ツァドクの家系の祭司はエルアザルを始祖としたことから、エルアザルは大祭司の始祖と見なされている[9]

エルアザルの名は旧約聖書中に実に60回以上も登場する。

脚注[編集]

  1. ^ 出6:23,25、民3:2、Ⅰ歴6:3
  2. ^ 出28:1、民3:2-4, 19:3-4
  3. ^ レビ10章
  4. ^ 民16章
  5. ^ 民3:32
  6. ^ 民20:22-29、申10:6
  7. ^ 民32:28, 34:17、ヨシ14:1, 17:4, 19:51, 21:1
  8. ^ ヨシ24:33、士20:28、Ⅰ歴6:4,50
  9. ^ 『旧約聖書人名事典』ジョアン・コメイ著、東洋書林、1996年、132項より引用

関連項目[編集]