エフシー製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

株式会社エフシー製作所(エフシーせいさくじょ)は、かつて存在したフィルム現像機、その他写真仕上げ用品等のメーカーである。第1回全国発明コンクールで発明協会賞を受賞した茶谷薫重が設立した。

沿革[編集]

  • 1929年 - 創業。写真用品輸出専門商社エフ・チャータン商会を設立。
  • 1935年 - 当時、画期的なDP専門チェーン店、A.P.S.(アマチュア・フォト・サービス)を併設。
  • 1937年 - 写真仕上製作部門を新設。A.P.S.自家用国産第一号フィルム自動現像機を製作。
  • 1952年 - A.P.S.解散。株式会社エフシー製作所として新発足。
  • 1960年 - 研究部でメタル・フォーカル・プレーンシャッターを開発。発明者、茶谷薫重第1回全国発明コンクールで発明協会賞受賞。
  • 1961年 - 戦後第1号フィルム自動現像機製作。
  • 1976年 - 世界初の超高速自動現像機を発表。印刷業界機器の開発、販売開始。
  • 1986年 - コンピュータの時代となり、ネガカラー自動現像機CFP203Bにマイコン搭載を発表。続いて各ネガカラー機、リバーサルカラー機にもマイコンを搭載。白黒ネガフィルム自動現像機もショートリーダー式でマイコン対話式として発表。高温・高速現像機として新聞社、スライド製作ラボなどで圧倒的シェアを得る。
  • 2010年8月18日 - リーマン・ショックによる売上減、円高での損失により自己破産。負債総額は約5億円[1]

脚注[編集]

  1. ^ (株)エフシー製作所/自己破産 JC-NET. (2010年8月24日). 2010年9月2日閲覧。

外部リンク[編集]