エスタディオ・エル・サダール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスタディオ・エル・サダール
ReynodeNavarra.JPG
施設情報
所在地 スペインパンプローナ
位置 北緯42度47分48秒 西経1度38分13秒 / 北緯42.79667度 西経1.63694度 / 42.79667; -1.63694
開場 1967年9月2日[1]
修繕 1989, 2003
所有者 CAオサスナ
運用者 CAオサスナ
グラウンド 天然芝
スコアボード あり
ピッチサイズ 104 m × 66 m (341 ft × 217 ft)
設計者 トマス・アララス
総合建設者 カルロス・エロス建設会社
旧称
エル・サダール (1967—2005)
レイノ・デ・ナバーラ (2005-2011)
使用チーム、大会
CAオサスナ(1967年–)
収容能力
19,553
スタジアム内部

エスタディオ・エル・サダール(Estadio El Sadar, スペイン語発音: [esˈtaðjo el saˈðar])は、スペインナバーラ州の州都パンプローナにあるサッカー専用スタジアム。19,553名収容[1]。1967年にオープンして以来、CAオサスナがホームスタジアムとして使用している。

名称[編集]

名称はパンプローナ市内を流れるサダール川の川べりにあることに由来する[1]。1967年にオープンしてから2005年まではエスタディオ・エル・サダールという名称だったが、2005年にはナバーラ自治州政府がオサスナのスポンサーとなり、名称がエスタディオ・レイノ・デ・ナバーラ(Estadio Reyno de Navarra)に変更された。「reyno」は現代では「reino」と書き換えられる旧式のスペイン語の単語であり、英語では「kingdom」、日本語では「王国」と訳されるため、直訳すると「ナバーラ王国のスタジアム」という意味である。

歴史[編集]

1967年、前年に売却されたエスタディオ・サン・フアンに代わるオサスナのホームスタジアムとしてオープンした。当時は25,000人収容だったが、固定座席はわずか7,000席だった。9月2日のレアル・サラゴサヴィトリア・セトゥーバル(ポルトガル)戦が初試合となり、1-1の引き分けだった。9月3日にはオサスナ対ヴィトリア・セトゥーバル戦が行なわれ、オサスナが3-0で勝利した。28分にオサバがオサスナの初得点を挙げている[1]。1996年6月5日にはボン・ジョヴィのコンサートが当地で開催された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d CAオサスナ公式サイト: “From San Juan to El Sadar. The new stadium”. 2011年12月24日閲覧。

外部リンク[編集]