エウリック法典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エウリック法典(Codex Euricianus)は、西ゴート王国において定められた法典

概要[編集]

475年ころ、西ゴート王のエウリックによって定められた。ゲルマン人によって建てられた国家における最初の法典とされる。ゲルマン法を成文化したもので、ラテン語で著されている。西ゴート王国内の全住民に適用されるものではなく、ローマ系の住民に対しては、次王アラリック2世のときに定められた、ローマ法に基づく「アラリック法典」が適用された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 立石博高編 『新版世界各国史16 スペイン・ポルトガル史』 山川出版社、2000年