エイトボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初期配置の例

エイトボールは、ビリヤードの遊び方の一つ。プールビリヤード(俗にプール)(Pool)とも呼ばれる。または、ブラックボール(Blackball)とも呼ばれる。

ルール[編集]

  • 的玉は1番から15番までを使う。初期位置は、ラックの外周にソリッドボールとストライプボールが交互に並ぶように置き、8番を中央、残りの2つは8番の下2箇所に置く。尚、ラックの頂点にくるボールはソリッドボールとストライプボールのどちらでもよい。
  • 2人のプレイヤーが、一方は数字の小さい方(1番から7番のソリッドボール、即ち一色に塗られたボール)を、もう一方は数字の大きい方(9番から15番のストライプボール、即ち一周する線が描かれたボール)を自らが狙う的球と決め、ポケットに落としていく。ナインボールとは異なり、番号順に狙う必要は無い。
  • 通常、コールショットでプレイする。コールショットとは、的球を落とすポケットをショットする前に宣言すること。
  • 相手の的玉をポケットに落としてしまってもファールにはならない。
  • 自らの的球が全て無くなってから8番ボールをコールショットで落とす、指定したポケットに落とした場合に勝ちとする、この時、手玉が落ちたり、指定した以外のポケットに落とすと負けとなる。
  • ブレイクで8番ボールを落とした場合は勝ちとなる。

関連項目[編集]