エアハルト・ハイデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エアハルト・ハイデン
Erhard Heiden
生誕 1901年2月23日
ドイツの旗 ドイツ帝国
バイエルン王国の旗 バイエルン王国 ヴァイラー=ジンメルベルクドイツ語版
死没 1933年4月??
ドイツの旗 ドイツ国
Flag of Bavaria (striped).svg バイエルン州 ミュンヘン
所属組織 Flag of the Schutzstaffel.svg 親衛隊
軍歴 1925年 - 1933年
テンプレートを表示

エアハルト・ハイデンErhard Heiden1901年2月23日1933年4月)はドイツの軍人。国家社会主義ドイツ労働者党第2代親衛隊全国指導者

来歴[編集]

ナチ党入党[編集]

1901年バイエルン王国ヴァイラー=ジンメルベルクドイツ語版に生まれ、フュルステンフェルトブルック郡の学校に進学する[1][2]第一次世界大戦後にドイツ義勇軍に参加した[2]

1923年ナチ党の準軍事組織・突撃隊に入隊し、アドルフ・ヒトラー衝撃隊ドイツ語版に配属される[3]。同年に発生したミュンヘン一揆にも参加するが、一揆の失敗によりナチ党は解散に追い込まれる。

1925年、ナチ党の再結成に参加。ヒトラーはユリウス・シュレックに新しい護衛組織・親衛隊の創設を命令し、ハイデンはエミール・モーリスと共に親衛隊に入隊する[4][5]。入隊後、ハイデンは親衛隊を突撃隊から独立した組織にすることを提唱した[6]

親衛隊全国指導者[編集]

1927年3月1日、親衛隊が突撃隊以下の権限しか与えられない現状に不満を抱いたヨーゼフ・ベルヒトルトが辞任したため、後任として親衛隊全国指導者に就任する[7][8]。ハイデンは粗野な突撃隊との差別化を図るため親衛隊を少数精鋭の組織にすることを考え、親衛隊員に厳しく規律を守らせた[8]

しかし、規律の厳格さに耐えられず脱退する隊員が続出し、1,000人だった親衛隊の隊員は280人にまで減少し、親衛隊の活動範囲はミュンヘンに限定される事態となった[9]。これに対し、突撃隊は親衛隊を解散するように提案するなど解散の危機に直面し、ハイデンは親衛隊の維持を図るため、9月にハインリヒ・ヒムラーを親衛隊全国指導者代理に起用した。ヒムラーは親衛隊内で勢力を拡大し、ハイデンを凌駕する地位を確立していった[10]

1929年1月5日、ハイデンは親衛隊全国指導者を辞任し、ヒムラーが後任となった[11]。辞任の理由は「家庭の事情」とされている[12]が、原因は突撃隊最高指導者フランツ・プフェファー・フォン・ザロモンとの対立の他に、ユダヤ人との関係について告発されたためとも言われている[6]。ハイデンは1928年以降、親衛隊員の制服を供給する衣料品会社を経営し、ミュンヘンの衣料品会社と業務提携していたが、提携先がユダヤ人が経営していた会社だったため、「ユダヤ人に利益を与えた」として辞任に追い込まれたという[2]。しかし、辞任の正確な理由について、歴史学者のペーター・ロングリヒ英語版は「我々はハイデンの辞任とヒムラーの就任を説明するための手掛かりを持ってはいない」と述べている[13]

処刑[編集]

ヒムラーの下で親衛隊は勢力を拡大し、1933年1月のナチ党の権力掌握時には5万人以上の隊員を有していた[14]。ナチ党政権成立後、親衛隊は各州の警察権を獲得し、反体制派や党内の敵対者の排除を開始する[15]。ハイデンは4月にヒムラーとラインハルト・ハイドリヒの命令によって逮捕され、ミュンヘンの保安本部で処刑された。ハイデンの遺体は9月に発見され、9月15日に埋葬された[6]

参考文献[編集]

  • Heinrich Himmler's Camelot: the Wewelsburg Ideological Center of the SS, 1934-1945. Kressmann-Backmeyer. (2000). ISBN 978-0967044309 
  • Evans, Richard (2003). The Coming of the Third Reich. Penguin. ISBN 978-0-14-303469-8 
  • Goldhagen, Daniel (1996). Hitler's Willing Executioners: Ordinary Germans and the Holocaust. Knopf. ISBN 978-0-679-44695-8 
  • Hamilton, Charles (1984). Leaders & Personalities of the Third Reich. R. James Bender Publishing. ISBN 0-912138-27-0 
  • Kershaw, Ian (2008). Hitler: A Biography. New York: W. W. Norton & Company. ISBN 978-0-393-06757-6 
  • Kiekenap, Bernhard (2008). SS-Junkerschule: SA and SS in Braunschweig. Appelhans. ISBN 978-3937664941 
  • Longerich, Peter (2012). Heinrich Himmler: A Life. Oxford: Oxford University Press. ISBN 978-0-199-59232-6 
  • McNab, Chris (2009). The SS: 1923–1945. Amber Books Ltd. ISBN 978-1-906626-49-5 
  • Miller, Michael (2015). Leaders of the SS and German Police, Vol. 2. San Jose, CA: R. James Bender. ISBN 978-19-329-7025-8 
  • Shirer, William L. (1991). The Rise and Fall of the Third Reich: A History of Nazi Germany. London: Random House. ISBN 9780099421764 
  • Weale, Adrian (2010). The SS: A New History. London: Little, Brown. ISBN 978-1408703045 

脚注[編集]

  1. ^ Kiekenap 2008, p. 233.
  2. ^ a b c Miller 2015, p. 52.
  3. ^ McNab 2009, pp. 11, 16.
  4. ^ Weale 2010, pp. 16, 26.
  5. ^ McNab 2009, pp. 10, 11.
  6. ^ a b c McNab 2009, p. 11.
  7. ^ Cook & Russell 2000, pp. 21-22.
  8. ^ a b Weale 2010, p. 32.
  9. ^ Weale 2010, pp. 32, 33.
  10. ^ Weale 2010, p. 46.
  11. ^ Weale 2010, p. 47.
  12. ^ Longerich 2012, p. 113.
  13. ^ Longerich 2012, p. 114.
  14. ^ McNab 2009, p. 16.
  15. ^ Infamous Assassinations 2015.
党職
先代:
ヨーゼフ・ベルヒトルト
Flag of the Schutzstaffel.svg 親衛隊全国指導者
1927年 - 1929年
次代:
ハインリヒ・ヒムラー